人生

純粋な心をどこに置いてきてしまったのだろうか

 

 人間は純粋でありたいと願っている。ただ、人間社会はそれを許してはくれない。 

 社会の場では素直であるよりも、理不尽であったとしても忠誠を誓うことが求められる。生き残るために、他人を平然と騙し、利用する(反対の立場になることもある)。そんな日々を続けていくうちに、純粋さを失っていく。心には穢れという負の要素が積みあげられる。

 純粋さを取り戻そうと思ったときにはすでに手遅れ。腐敗した心を隠し通すことはできなくなっている。金、権力、結果でしか他人の感情を得られない、悲しい人間になりさがる。(小学生の頃から権力で他人を服従させている者もいるため、変わっていないともいえる)

 他人のために動こうとしても、天はそれを決して許さない。純粋に生きてこなかった者に、良い結果をもたらすようなことはしない。どのように動いたとしても、他人の思惑からずれることになる。次第に人望を失っていくことになり、一人ぼっちへと追いやられていく。

 生まれ変わるとすれば、純粋な心を大切にしながら生きてみたい。素直な心を持つことで、人生を好転させられるきっかけになるに違いない。

 優しさ、温かさも養うことができればいいな。損得勘定抜きで誰かの力になっていれば、必ず幸運が舞い込んでくる。生きててよかったと思える一生になる可能性は、そこからやってくるような気がしてならない。人生の真の宝物は純粋さ(思いやり)にある。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 前しか向かねえ
  2. 【夢の種類と意味】№4
  3. 社会から「いじめ」をなくすために
  4. 一方的な対人関係を築く人が目立つ
  5. 働きアリの法則
  6. 人間は出会った瞬間が一番楽しい
  7. 1パーセントのひらめきと99パーセントの努力は間違った解釈が広が…
  8. 他人から評価を得られやすくなる方法

おすすめ記事

マイウェイいばらきワークきらり

相談支援センターつの

ほほえみ工房

就労支援事業所さくら

施設外就労を主な仕事とし、より一般就労に近い環境で就労支援を行っています。…

夢・さぽーと

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう通常の事業所に雇用されることが困難な利用者…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP