時事問題

車椅子バスケットがパラリンピックから除外される可能性がある

 

 車椅子バスケットが東京オリンピックで開催されない可能性が浮上した。

 国際パラリンピック委員会は(IPC)は、国際車いすバスケット連盟(IWBF)がIPCの定めたルールを遵守していないことを問題視した。具体的には障碍が比較的軽い4.0、4.5の選手についての再評価を求めている。

 車椅子バスケットでは障碍の程度により(1~4)点に分けられている。(点数で程度が軽い場合+0.5となる)国によっては健常者を5として参加させることもある。

 どうしてこのような話題が持ち上がったのかというと、程度の軽い障碍者が参加すると競技の醍醐味が失われてしまいかねないから。障碍が軽度の選手のみが活躍し、重い選手が置き去りになりかねない。極端な話、4~4.5の選手を二人入れて、残りは1~1.5にするという方法もある。合計点は14までなので、理論上は充分に可能。対戦相手も点数で選手を決めているため、2対5になったとしても勝利を掴めるかもしれない。

 パラリンピックを見据えていた選手にとっては、寝耳に水といえる。当人に非がないにもかかわらず、出場できないという事態が起こりうる。IWBFが改革してこなかったのは、選手ファーストを貫こうとしたからと取れなくもない。

 どのような決着を見るのかはわからないけど、選手に不利益にならないように切に望む。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200131-00000168-jij-spo

©車いすバスケットの除外を警告 IPC、選手クラス分け改善要求―東京パラ(時事通信) – Yahoo!ニュース

 

文章:陰と陽

 

 

関連記事

  1. 自殺者数が減少傾向にある
  2. グレタさんの活動の是非を問う!?
  3. 暖冬は温暖化の影響なのか
  4. 24歳にして引退したプロ野球選手
  5. マクドナルドがライスバーガーを発売する
  6. 大学入学共通テストの見送り
  7. 消費増税の是非 結論を急がないように
  8. 日本の雇用形態が変わりつつある

おすすめ記事

やまねこ工房

ひとりひとりにあった仕事を、本人の希望、まわりとの関係づくりをとおして支援計画を立てています。さまざ…

障碍者の生きる道

 障碍者で才能を所持しているのであれば、芸術家やアスリートを目指してみるのも面白い。…

久山学園

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、生産活動その他の活動の機会の提供を通じて…

宇和ひまわりの郷

利用者の個々の能力に応じ自立した日常生活又は社会生活に必要な知識及び能力の向上のために必要な、相談や…

未確認飛行物体

『未確認飛行物体』*漫画家デビューに向けて、…

新着記事

PAGE TOP