時事問題

脳性麻痺があっても前に進み続ける

 

 脳性麻痺であっても高校に通いたい、そんな夢に挑戦している一人の若者について取り上げる。

 当事者は重い障碍を抱えており、食事、トイレで介助が必要。それにもかかわらず、自宅から新幹線で学校に通っていたとのこと。ハンデを抱えていたとしても、言い訳をせずに高校まで通学する姿はすごい。五体満足の一般人が屁理屈ばかりをこねているけど、そういう人たちに爪の垢を煎じて飲ませてやりたい。

 話に出てくる少年は一般高校入学を断られた経歴を持つ。それでも、彼は諦めなかった。パソコンで一文字ずつ入力した文章を高校に届けた。この行動が学校側の心を動かし、入学へとつながっていった。障碍者差別解消法の施行も後押しした。

 彼は大学へと進学したようだ。新しい壁とぶつかりながらも、どのような人生を送っていくのだろうか。彼が無事に卒業することで、障碍者の心の支えとなっていくだろう。

  障碍者だから人生をあきらめる必要はない。思いを伝えていけば、きっと相手に届くのではなかろうか。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200130-00010000-nishinpc-soci&p=1

©脳性まひの少年「高校行きたい」 パソコンで1字ずつの手紙、受け止めた教員(西日本新聞) – Yahoo!ニュース

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 障碍者はどのような分野に就職するのか
  2. 自分と真摯に向き合おう
  3. 精神科のケースワーカーで感じた、利点と限界
  4. 自治体によっては、アルバイトをしながら就労移行(B型作業所)を利…
  5. 感謝の気持ちを持とう【障碍編】
  6. ナイキの厚底シューズ(ヴェイバーフライ)が使用禁止になりそうだ
  7. ハローワークにおける担当者と障碍者の意見の食い違い
  8. 役人は庶民を法律で縛る

おすすめ記事

三つ葉の里

この事業所が実施する事業は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営む事が出来るよう、利用者に対して…

パッソ

指定就労継続支援B型の実施に当たっては、事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことがで…

ウィング

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者の意向、適性、障害その他の事情を踏…

吉エ門

事業所は、利用者が自立した日常生活又社会生活を営む事ができるよう、利用者に対して就労の機会を提供する…

クローバーサポート 南福岡店

利用者の自立を支援し、利用者の一般就労を目的に運営しています。 一人ひとりに合わせた仕事を提供し、無…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP