時事問題

ハズレ夫をひいた女性たちの本音

 

 交際するときはいい男性だと思っていたのに、結婚したらとんでもない男だった。

 女性としての悩みの種だと思います。

 優しすぎるというのは危ないという記事が上がっていますが、外で頑張りすぎる男性もあまりよくないかなと思っています。中と外でバランスを取っているため、協力しないというのも少なくないと思います。

 感情を表に出さないタイプも爆発すると恐ろしいです。大人しいからといって、好き放題に振る舞っていると痛い目を見ることになるでしょう。内に秘めたパワーはすさまじいことを、頭の片隅に置いておくとよいと思います。

 外では多くの人と会話するのに、家では全く話をしない人もいます。外でエネルギーを使い果たして、家でゆっくりするパターンなのかもしれません。実は話をするのが得意ではないけど、必死に頑張っているのを装っていたのもありえます。人間という生き物は自分をよく見せるために、無理に頑張ろうとします。ありのままでないという違和感を感じ取れるようにしましょう。

 見た目のイメージと反対を考えてみると面白いかもしれません。人間はプラス、マイナスの側面を持っているため、プラスに傾きすぎている場合は危ないという危険信号になりえます。

 こんなにも外れ確率が高いのは、人間の見る目のなさもあるように感じられます。どういうわけか、自分から道を外そうとする傾向があります。誰も邪魔していないのに、自爆してしまっていることも珍しくありません。自爆王にならないためにも、観察眼を磨いてみてはいかがでしょうか。人を知れば知るほど、失敗する確率は低くなるように思います。(厳選しすぎて結婚できなくなる可能性も上がるのでほどほどにしよう)

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200119-00010005-hintpot-life

©モラハラ、マザコン、子ども嫌い… 「ハズレ夫」に当たった女性たちの本音(Hint-Pot) – Yahoo!ニュース

関連記事

  1. すし屋のサイドメニューが増え続けている
  2. 最低賃金は11年ぶりに据え置かれる確率が高い
  3. コロナウイルス感染で志村けんさんが亡くなった
  4. 脳性麻痺があっても前に進み続ける
  5. 障碍者が働く(就職活動をする)ときに気をつけるポイント2
  6. 暖冬は温暖化の影響なのか
  7. 台風について③
  8. コロナ自粛と経済のバランス

おすすめ記事

『秘密の暗号』

あたしを…りかいしようとしてくれたから…がん…

かも社会就労センター

(1)利用者の人格を重んじ、個性を尊重し素質を最大限に伸ばすように努める。 (2)一人ひとりの障害の…

えるえる

相談支援事業所あさひ

 利用者の意思及び人格を尊重し、常に利用者の立場に立ちながら、利用者又は利用者の保護者の選択に基づき…

高校教師シリーズ

『先生のあだ名』とある高等学校に勤めるユニークな講師陣の「ささい…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP