時事問題

ハズレ夫をひいた女性たちの本音

 

 交際するときはいい男性だと思っていたのに、結婚したらとんでもない男だった。

 女性としての悩みの種だと思います。

 優しすぎるというのは危ないという記事が上がっていますが、外で頑張りすぎる男性もあまりよくないかなと思っています。中と外でバランスを取っているため、協力しないというのも少なくないと思います。

 感情を表に出さないタイプも爆発すると恐ろしいです。大人しいからといって、好き放題に振る舞っていると痛い目を見ることになるでしょう。内に秘めたパワーはすさまじいことを、頭の片隅に置いておくとよいと思います。

 外では多くの人と会話するのに、家では全く話をしない人もいます。外でエネルギーを使い果たして、家でゆっくりするパターンなのかもしれません。実は話をするのが得意ではないけど、必死に頑張っているのを装っていたのもありえます。人間という生き物は自分をよく見せるために、無理に頑張ろうとします。ありのままでないという違和感を感じ取れるようにしましょう。

 見た目のイメージと反対を考えてみると面白いかもしれません。人間はプラス、マイナスの側面を持っているため、プラスに傾きすぎている場合は危ないという危険信号になりえます。

 こんなにも外れ確率が高いのは、人間の見る目のなさもあるように感じられます。どういうわけか、自分から道を外そうとする傾向があります。誰も邪魔していないのに、自爆してしまっていることも珍しくありません。自爆王にならないためにも、観察眼を磨いてみてはいかがでしょうか。人を知れば知るほど、失敗する確率は低くなるように思います。(厳選しすぎて結婚できなくなる可能性も上がるのでほどほどにしよう)

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200119-00010005-hintpot-life

©モラハラ、マザコン、子ども嫌い… 「ハズレ夫」に当たった女性たちの本音(Hint-Pot) – Yahoo!ニュース

関連記事

  1. 消費増税の是非 結論を急がないように
  2. タッチパネルの注文だけで回転寿司を食べた感想
  3. 代表選手が国際化しつつある
  4. you tuberが666万円分のロト6を購入した
  5. リンゴの一個当たりの価格が、一部の桃を上回る異常事態
  6. 24歳にして引退したプロ野球選手
  7. コロナに罹らないではなく、発症してもウイルスを撃破する身体づくり…
  8. ハンカチ王子はなぜ現役を続けられるのか

おすすめ記事

さんかく広場

事業所が運営する就労継続支援B型の事業は、精神障害者及び知的障害者であって、働く意欲がありながら雇用…

はぁとらんど浅香

①利用者の能力と個性を充分に発揮できる授産科目を設け、就労を支援する。 ②利用者の意思や要望を尊重し…

特定非営利活動法人なかよしクラブはたらーく

利用者さんの側に立つ支援を、 迷ったときは、正しさよりやさしさで判断、 利用者さんも職員も幸せな事業…

ワークハウスおおたに

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動そ…

つばさ作業所

「私心を捨てて、世のため、人のため、社会に尽くすよう努力する」 「日々の創意工夫こそが、真の創造と成…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP