人生

人生は諦めの連続

 

 人生で思い通りにいくことはほとんどありません。八〇年のうちで一つでもあったらいいのではないでしょうか。

 なかなか諦めきれなくて、執着心を持つこともあるでしょう。大切な人と親しくなれなかった、大金を失った、家族を事故で失ったというのは簡単に忘れられないと思います。これらを頭から切り離す必要はありません。人間の脳は依存しやすいため、自由はききにくいです。

 重要な部分は覚えていても、捨てられる部分は捨ててもよいのではないでしょうか。人生は諦めることによって幸運が舞い込んでくるように思います。一つのことを引きずっていたら、未来の運まで逃げていきます。

 落ち込んでいるときこそ、運気が迫っていることは結構あります。新たな最大の好機を逃さないためにも、落とせる部分は切り落としていきましょう。人間関係で悩んでいるのだとすれば、代わりはいくらでもいると考えるといいと思います。(子供や家族は例外)

 自分が無価値と考えているから、執着してしまうのかもしれません。自分を大事にしてくれる人は必ずいる、そういった精神を持つと思考を変化させられるでしょう。生きている限り、何らかの役割を果たしています。

 過去に辛いことを経験した分、幸せになれますように。他人を大切にしていれば、必ず幸運が舞い込んでくると思います。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 優秀な人間は接しにくい
  2. 平凡が幸せへの近道
  3. 優秀な人が抱える悩み
  4. 仕事に行きたくない時、どうやって自分を鼓舞している?
  5. 社会から「いじめ」をなくすために
  6. 距離感に気をつけよう
  7. 夜に眠りやすくなる方法(個人差あり)
  8. 成功した人ほど他人に感謝している

おすすめ記事

彩光

利用者の意思及び人格を尊重し、かつ、地域との結び付きも重視しつつ、常に当該利用者の立場に立った適切な…

たんぽぽの里 大川原作業所

利用者個々のニーズに合った支援を行い、その人らしい自立した生活と、生活の質を高めることができるように…

聴覚障害者支援センター 菓子工房ほほえみ

第2条 事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機…

就労支援事業所つむぎ

特定非営利活動法人あしたばが開設する就労支援事業所つむぎが行う就労継続支援B型の事業に適正な運営を確…

就労継続支援B型事業所 ホワイト

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP