就労

ハローワークにサポーター(障碍者向け)が配置された

 

 ハローワークの専門援助部門(配置されているかはハローワークによるので確認が必要です)に、雇用トータルサポーター難病患者就職サポーター(兵庫県では尼崎・神戸・姫路)が配置されるようになりました。前者は精神障碍及び発達障碍、後者は難病が対象となります。

 雇用トータルサポーターは臨床心理士、精神保健福祉士などを取得した専門員、後者は難病の知識があるサポーターが相談に乗ってくれます。

 雇用トータルサポーターにおいて、自分に合う仕事がわからない、仕事が続かないといった悩みを打ち明けてみてはいかがでしょうか。前進するきっかけをつかめるかもしれません。難病患者就職サポーターでは病気を治療しながら働きたい、難病であることを会社に伝えたほうがいいのかといった相談を行うことができます。 

 基本的に無料なので、気軽に利用できることがメリットです。精神科で時間が足りないと思うのであれば、こちらにも相談してみましょう。時間をかけることで、よい方向に進むかもしれません。

 

https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000206198.pdf

©厚生労働省|発達障害者雇用トータルサポーターによる支援

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 障碍者施設は利用者の理不尽に耐えるのが仕事
  2. ハンデを抱えたことを嘆かないように(ピアノ)
  3. リーゼ(精神安定剤)の効果
  4. 介護業界を目指す方が最初に取得する資格
  5. 障碍者の一部は交流会の参加、交友作りに消極的
  6. 障碍者が仕事をする際に気をつけたい7つのポイント
  7. 感謝の気持ちを持とう【障碍編】
  8. 障碍者は職場で支援員(健常者)と親しくするのは難しい

おすすめ記事

地域サービスセンターはこだて

自分らしく生き生きと地域で暮らすため、生産活動に従事し、仲間や地域 との交流を通じ、社会の一員として…

つくしの里

丸山作業所

 利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動…

助けてもらえる人、見放される人

 純粋な心で頑張っていれば、誰かに助けてもらえる。そういう経験をしたことはありません…

摂津市立ひびきはばたき園

 利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに生産活動そ…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP