福祉・医療

バリアフリー法の改正(今後の課題)

 

 政府がバリアフリー法を改正することで、障碍者が利用しやすい宿泊施設、飲食店などの認定制度を創設する方針を固めました。小学校、中学校などではバリアフリーの設置を義務化するようです。

 身体障害者が気軽に利用できるようになるものの、課題も多く残されています。それを下記にあげます。

 

 課題

  • バリアフリー代にかかった費用が宿泊代(一般向け)に転化される可能性がある。その部分の折り合いをどうつけるのか。
  • 企業名が公表されると、宿や飲食店の人離れが進むリスクを伴う。
  • バリアフリーが設置されても利用されるかわからない(自分が障碍者だと知られたくない人もいる)。
  • 一定の収入があることが前提のシステムであるため、貧困層向けではない。(生活でいっぱいいっぱいの人とは無縁)
  • 企業の利益に直結しかねない(一人に手をとられることで、回転率が悪くなる)

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 空気を読むのと他人の感情を理解するのは別問題【障碍者編】
  2. アルコール依存から脱却するのを目的とした福祉事業所
  3. 障碍について【先天性と後天性の違い】
  4. 就労移行で聞いておきたい質問
  5. リーゼ(精神安定剤)の効果
  6. 障碍者枠はブランクよりも能力を重視することもある
  7. 発達障碍の一部は雑学博士
  8. 障碍者雇用の基礎

おすすめ記事

就労継続支援えいと

障害者総合相談支援センターにしのみや

利用者がその有する能力及び適正に応じ、自立した日常生活又は社会生活を営むことが出来るよう、当該利用者…

桑の実クラブ

やすらぎの家 

ひとり一人の個性を尊重し、社会参加に向けて、ともに育ち合い、それぞれの夢や思いを実現する場を目指しま…

ジョイントワークひこばえ

1)利用者が安心できる場の提供 2)精神障害についての正しい理解 3)作業活動を通して、社会参加の機…

新着記事

PAGE TOP