生活

正月に餅を食べるようになったいきさつ

 

 正月にはを食べた家庭も多いのではないでしょうか。どうしてそのようになったのかを簡単に説明したいと思います。

 正月に餅を食べるようになったのは、平安時代に行われていた「歯固めの儀」が由来だといわれています。

 歯固めの儀とは、お正月に一年の血行や長寿を願い、餅・大根・するめといった固いものを食べることで、歯を固める儀式をさします。

 歯を丈夫にすることで、健康になるという考えに基づいています。

 齢には「歯」の字が入っており、歯→年齢→長寿を願う意味合いがあります。

 正月に餅を食べることで、神様に力をもらうという意味合いもあるようです。昔は食料が豊かではなかったため、大切な米からつくる餅をお供えしていたみたいです。そうすることで、神に感謝の気持ちを示します。

 正月に餅を食べると縁起を担ぐことができるため、一度食べてみてはいかがでしょうか。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. JR西日本が減便を実施
  2. 昔は存在していたもの
  3. エプソムソルト入りのお風呂に入ってみよう
  4. 世界の国と国旗☆第29回目 エリトリア国
  5. 第3回☆世界の国と国旗(アゼルバイジャン編)
  6. 2020年7月からレジ袋有料化
  7. 世界の国と国旗☆第42回目 カメルーン共和国
  8. じゃがりこの種類

おすすめ記事

カウンターファクトリー

ひまわりハウス

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者の意向、適性、障害の特性…

就労継続支援A型事業所ワンルーチェ

一般就労へ向けての準備と楽しく働こうというモットーでいます。…

阪急『仁川』駅と周辺紹介

 阪急『仁川』駅と周辺紹介 阪急仁川駅は阪急今津線の駅で、仁川のほとりの阪神競馬…

ワークセンターあけぼの 

利用者の意向、障害の特性等の事情を踏まえ支援計画を作成し、利用者に対し適正かつ効果的なサービスを提供…

新着記事

PAGE TOP