レジャー

インフルエンザを発症したのに相撲を取らされる

 

  相撲協会において、関取がインフルエンザA型に罹ったことを申告しました。それにもかかわらず、冬巡業で相撲を取るように指示されたというニュースが話題になりました。一般常識では絶対にありえないだけに、相撲協会の常識を疑います。

 筆者は今年の一月、インフルエンザのA型にかかり、40度近くまで体温が上昇しました。はっきりいって、座っていることすらままなりませんでした。関取の状態がどの程度なのかはわかりませんが、相撲を取るなんて無謀としかいいようがありません。最悪の場合、死に至っていたかもしれません。

 インフルエンザは他人にうつしてしまうリスクがあるため、感染したら隔離するのが自然です。会社、学校においては治るまでは通勤、通学してはいけないということになっています。それなのに、力士、お金を払ってくれる観客と握手をさせるなんて信じられません。ファンを軽視しているとしか思えません。

 当人の命が助かったことはせめてもの救いだといえます。相撲を取らされた力士、握手をしたファンに感染が広がらないよう切に願います。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191224-00000017-ykf-spo

©相撲協会、インフル問題認めるも…春日野巡業部長への処分なし 芝田山広報部長「相撲を取らせてしまったことは間違い」(夕刊フジ) – Yahoo!ニュース

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 品切れの商品を目にしたら購入する心理
  2. 自殺者数が減少傾向にある
  3. you tuberが666万円分のロト6を購入した
  4.  日本女子プロ野球リーグについて
  5. 京阪電車は2021年秋に減便する可能性がある
  6. 感染症予防対策のため、通院せず電話診察を行った
  7. コロナウイルスの報道は偏っている
  8. Pリーガー紹介③

おすすめ記事

蒼生学園

1.利用者に対して、その自立と社会経済活動への参加を促進する観点から必要な訓練及び職業の提供を適切に…

グッドマイル

陽より会

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことが出来るよう就労の機会を提供するとともに意思及び人格を…

社会福祉法人琴浦町社会福祉協議会 琴浦ふれあい事業所

①利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう利用者に対して就労の機会を提供するととも…

すてっぷ

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことが出来るよう、利用者に就労の機会を提供するとともに、生…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP