人生

平凡が幸せへの近道

 

 頭がよくなるほど、いい人生を送れると思っている人は多い。

 一定水準までは相関関係にあると思う。漢字の読み書き、簡単な計算などといった基礎的なことをできなければ、大人になってから苦労することになる。(筆者は中学校時代に美術、体育、技術家庭科で苦労し、大人になってからもそれに足を引っ張られた)社会で活躍するために、平均レベル(IQ100前後)は求められる。

 秀才なら幸せかといわれると、これも違うのではなかろうか。社会で天才レベルを求められる場面はほとんどない(プロ野球などの才能を要する職業に限定される)。基本的に一定水準の仕事をこなせればいいため、優秀な能力を求められるシチュエーションは限られる。

 知能指数があがればあがるほど、居場所を失うリスクが大きくのしかかる。会社では抜けた存在より、バランスを取れているほうがよい。

 天才は友達を作りにくいともいわれる。頭が良すぎることで、他人との距離感を保ちにくくなる。それゆえ、孤独を余儀なくされやすい。

 社会で生きやすいのは平均に近い人だと思う。それゆえ、IQは平均に近ければ近いほど、幸せになっているように感じられる。能力がどちらにぶれても、幸福度は下がっているような気がしてならない。

 

文章:陰と陽

 

 

関連記事

  1. 風呂に入りたいのに、入れない気持ちの時の対応策
  2. 8000系、3000系列車が姿を消した
  3. 「アーケードゲーム」で生計を立てようとした馬鹿者の話
  4. 必要なお金とは?
  5. 『悪口ばかり言う人』-その心理や特徴とは?-
  6. 【雑種猫の特徴と、純血種との違い】①
  7. 上手な時間の使い方 『至福の時』
  8. 復讐代行サービスとは

おすすめ記事

こすもすの家

社会福祉法・障害者総合支援法・介護保険法及び法人白石陽光園の定款に基づき、利用者はもとより地域社会に…

特定非営利活動法人 夢工房おおぞら

就労支援事業所 エコール

内職クラブ

就労に関して一般就労に向けた訓練が基本であり基本的な行動・基本的な生産・基本的な賃金の考え方を指導し…

ルガール白山 

企業等に就労する事が困難な方に対し、雇用契約を結び、生産活動の機会の提供と、働くために必要な知識との…

新着記事

PAGE TOP