コラム

ショートショート『二度自信を失う』

 

 障碍を持っていたため、一般レベルについていくことはできなかった。そのことで、自信と誇りを失ってしまった。

 失われたプライドと自信を取り戻すために、A型作業所を利用することにした。障碍者施設なら、レベルの高い人はいないだろう。レベルが低いからこそ、障碍者手帳を所持していると信じきっていた。

 予想は九割あたっていたものの、一割は外れていた。A型作業所に通っている理由が見あたらない利用者がいたのだ。発達障碍とは名ばかりの天才にしか思えなかった。支援者よりも高度なことを理解できるのは障碍者ではない。

 

一般をはるかに超える能力を所持しているにもかかわらず、この人はどうしてこんなところに通所しているのだろうか。早いところ一般就職して、もっとたくさんのお金をもらえばいいのに。障碍者枠なら引っ張りダコだと思うし、職種が適合していれば、一般会社においても十分に通用する

 

 圧倒的なレベルを見せ付けられたことで、完全にモチベーションを奪われてしまった。粉々に打ち砕かれたプライドが元に戻る日はやってくるのだろうか。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 障碍者支援の支援員は選べるようにしてほしい
  2. 能力を重視する社会【障碍編】
  3. 豊富なプログラムを組んでいる、就労移行支援事業所(工賃も支給)
  4. 特別支援学校に通うメリットとデメリット
  5. 採用面接官が障碍者を不採用にする理由
  6. ショートショート『幸運をもたらす亡霊』
  7. 6割程度の対人関係を目指そう【障碍者編】
  8. 障碍者の多くは距離感を改善した方がいい

おすすめ記事

就労移行支援利用(障碍者向け)を考えている方へ

 障碍者で就労移行支援を利用したいという方もいるでしょう。このサービスのマイナス面に…

在宅勤務に向く人、向かない人

 コロナウイルスで在宅勤務をしている人もいると思います。 今回は在宅勤務に向く人、向かない人を取…

夢ワークあけぼの

 一人ひとりのニーズに合った「働き方」や「生き方」を共に探し、「働く経験の場」と「働くための学びの場…

第五野の花学園

・事業所は、利用者に対して、その自立と社会経済活動への参加を促進する観点から、保護並びにその更生に必…

ワークフロア清柳

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP