コラム

ショートショート『二度自信を失う』

 

 障碍を持っていたため、一般レベルについていくことはできなかった。そのことで、自信と誇りを失ってしまった。

 失われたプライドと自信を取り戻すために、A型作業所を利用することにした。障碍者施設なら、レベルの高い人はいないだろう。レベルが低いからこそ、障碍者手帳を所持していると信じきっていた。

 予想は九割あたっていたものの、一割は外れていた。A型作業所に通っている理由が見あたらない利用者がいたのだ。発達障碍とは名ばかりの天才にしか思えなかった。支援者よりも高度なことを理解できるのは障碍者ではない。

 

一般をはるかに超える能力を所持しているにもかかわらず、この人はどうしてこんなところに通所しているのだろうか。早いところ一般就職して、もっとたくさんのお金をもらえばいいのに。障碍者枠なら引っ張りダコだと思うし、職種が適合していれば、一般会社においても十分に通用する

 

 圧倒的なレベルを見せ付けられたことで、完全にモチベーションを奪われてしまった。粉々に打ち砕かれたプライドが元に戻る日はやってくるのだろうか。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 障碍者の雇用保険(失業給付)
  2. 山本甲士『ひなたストア』小学館文庫
  3. 未来の障碍者支援(予想)
  4. 厚生年金の加入拡大
  5. A型作業所は手帳を取得していなくとも利用できる
  6. 天才と障碍は紙一重
  7. 障碍者がいわれたくない言葉:パート1
  8. ショートショート『幸運をもたらす亡霊』

おすすめ記事

相談支援事業所 ポケットプラザ

障がい者からの相談に応じ、必要な情報の提供等の便宜を供与することや、権利擁護のために必要な援助を行う…

就労支援施設みらい

関係法令を遵守し、他の社会資源との連携を図った適正且つきめの細かな就労継続支援(A型)のサービスを提…

ひまわりの家

なんでも屋 ZONO

(1)安心感ー利用者が安心して通える職員の対応と環境作りに努めます。 (2)個性と長所の尊重ー一人一…

生活支援センターれいんぼう

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP