人生

にわかファン

 

  少数派といわれる本物。それだけでは、収益を上げることを重視する分野では、にわかファンの存在が必要とされる。

 最近の出来事にたとえるなら、ラグビーが当てはまるのではなかろうか。日本が決勝トーナメントに進出したことで、空前絶後の大フィーバーが巻き起こった。

 決勝トーナメントに進出した瞬間の視聴率は50パーセントを超え、紅白に迫る勢いを見せた。決勝戦まで進出していたならば、視聴率はさらに上がった確率が高い。初優勝ともなれば80パーセントを超えていた可能性もある。

 一時的なブームを支えた人の中には、ラグビーのルールすら知らない視聴者も含まれていただろう。ルールはわからなくても、母国が頑張っているところをみたいという心をくすぶるのに成功した。

 

 「CDの売り上げ」、「プロ野球観戦」などにおいても、にわかファンは必要とされる。根強いファンだけでは支えることは難しい。誰でもいいので、収益につながる人を欲している。

 にわかファンを必要としない分野もある。普段の交友関係では本物が一人いればいい。にわかファンをどんなにかき集めたとしてもメリットになる確率は低い。利用価値がなくなれば、そっぽ向いてしまう人達をどれだけかき集められても、真の満足感を得ることはできない。

 たとえば、日本の法律では結婚できる異性は一人だけ。他と交友関係を持つことにより、せっかくの運気を失ってしまうリスクを伴う。だから本命に時間をさける状態にしておくことで、心離れを防ぎやすくなる。大切な人というのは逃げてしまいやすい性質を持っていると考えて行動すべきだ。

  孤独は辛さを伴うものの、乗り越えていくことで真に必要なものを入手できる。やみくもに交友関係を広げる必要性はない。友達の数=人間の価値(幸せの度合い)を示しているわけではない。

 場面によって必要、不必要が変わる。状況に見合った行動を取れるように心がけたい。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 人生はすれ違いの連続
  2. 初恋の人とはなかなか結ばれない
  3. 一般人は見た目ほどいい人生を送っていない
  4. 個性の強い障碍者に読んでほしい、志村けんの名言
  5. 優しさとは?
  6. 危険や罠の分類について
  7. 社会で真の成功を収めるために
  8. ジコチューで行こう!

おすすめ記事

テン2

株式会社エフリング 弘前事業所

1.利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、利用者を雇用し就労の機会を提供する…

キッチンさかえ

高齢社会の日本において、お互いに出来ることを行う助け合い(互助)を実践するため、 私たちは事業所の運…

大泉障害者支援ホーム

すべてのホーム利用者が、持てる力を十分に発揮して、いきいきとした社会生活および安心した日常生活を営め…

Studio127

新着記事

PAGE TOP