未分類

障碍者が仕事をする際に気をつけたい7つのポイント

 

『障碍者が仕事をする際に気をつけたい7つのポイント』

 

①体調管理をきっちりとする(欠勤、遅刻しない)

 一部には体調管理が難しい人もいるため、毎日出社できるようにしたい。欠勤しないことは一番大きな評価ポイントとなる。障碍者枠は法定雇用率の関係で、週20もしくは週30時間以上の勤務を求められる。

 

②障碍者枠にするのか、一般枠にするのか

 障碍者の求人に対し、法定雇用率は追いついていないのが実情。どちらで仕事をするのかを考える必要がある。一般枠で問題ないのであれば、こちらに挑戦してみるのもいい。

 

③一般企業、特例子会社のどちらにするのか

 障碍者と接するのが苦手なら一般企業、一般人と接するのが不得手なら特例子会社に就職するとよい。一般企業は健常者が多く(一人の場合もある)、特例子会社は障碍者手帳を所持した人が大半を占める。

 当事者同士で働きたい人が多いのか、特例子会社は人気が高い。

 

④障碍者枠であっても一般人となるべく差のない仕事を選ぶ

 他者に迷惑をかけることで反感を買ってしまうので、一般人と同程度が望ましい(障碍者就職の際にいわれたことがある)。良好な人間関係を築くためには、仕事の能力は欠かせない。

 

⑤場にそぐった発言が苦手な場合はなるべく話さない(社会のルールを守る)

 他者から避けられる要因となってしまいかねない。自分でわざわざマイナスポイントを作らないようにしたい。社会のルールを守ることで、評価をあげることにつながる。

 

⑥福祉サービスを利用するのか、一般会社を選ぶのか

 ブランクがあるなどの理由で一般で働くことが難しい場合、福祉サービスの利用を検討してみてはいかがだろうか。利用できるサービスとしてA型作業所、B型作業所、就労移行施設などがある(クッションを置く)。それも難しいのであれば、デイケアで生活のリズムを整えるところから始めてもよい。(デイケアから特例子会社に就職した人もいる)自分に合ったやり方を模索したい。

 

⑦独立するのか、社会で働くのか

 発達障碍などは独立することで才能を開花させるタイプもいる。一般会社だけを選択肢にしなくてもよい。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 地元の名産品を使用したA型作業所の紹介
  2. 平熱であってもインフルエンザにかかる
  3. ふるさと納税のお礼として届ける「水耕ニンニク」を自家栽培するA型…
  4. 障碍者枠で就労した後の体制を考える
  5. 障碍者にも希望はある
  6. ショートショート『高齢者施設に変化』
  7. よさそうだけどよくないもの
  8. 障碍者福祉における支援者側の課題

おすすめ記事

障碍者支援員は考えるのを苦手とする

 「障碍者支援員は分かってくれない」と考えている障碍者は多いのではないでしょうか。…

羽生九段が名人戦のA級から陥落

 羽生九段は名人戦の8回戦で、永瀬王座に敗れました。 今年度の通算成績が2勝6敗…

指定就労継続支援B型事業所まさき

・利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう就労の機会を提供すると共に、生産活動そ…

つつじ作業所

1 利用者の意思および人格を尊重し、常に利用者の立場に立って就労の機会を提供するよう努めるものとする…

就労・支援事業所 あすなろ

法人の理念及び倫理綱領に基づき利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう就労の機会を…

新着記事

PAGE TOP