人生

人間は悪に手を染めることでストレスを解消する

 

 人間は悪いことをやめようとしない生き物だ。いじめ、暴力、事件などはいつになっても地上からなくならない。

 どうしてそうなるのかといえば、人間は悪事に手を染めることでストレスを解消できる生き物だからである。他人の困惑しているところを見て、喜ぶという困った性質を持っている。

 良い行いというのはストレスをためてしまいやすい。善人を装っていると、自分を壊してしまいかねない。

 人間だとあまりよくないので、食べ物に置き換えてみることにする。たとえば、あなたの目の前に生野菜のサラダ(ドレッシングなし)、唐揚げ、カップラーメンが目の前に置かれているとする。野菜は身体に良い、唐揚げ、カップラーメンの二つは身体に悪いのを理解している。

 好きなものをたべてよいといわれれば、唐揚げ、カップラーメンに手を伸ばす人の割合が高くなるだろう。身体に悪いとしても、満腹感や好きなものを食べることに重きを置く。第三者から強制されない限り、生野菜のサラダを口にすることはない。健康に良い食べ物を強いられることで、ストレスをためることにつながる。

 悪事に手を染めない人間を作るためには、良い行動でフラストレーションに繋がらないような社会を構築するのが欠かせない。夢物語が実現しない限り、悪いことをする人間をなくすことはできないだろう。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 凸凹に生まれてしまった人間が感じた才能と努力
  2. 出会いも実力
  3. こんな上司がいる職場は嫌だ!!
  4. マイナスのスパイラルにストップ
  5. 障碍をプラス、マイナスに取りやすいパターン
  6. 女性は察してほしい生き物
  7. 個性の強い障碍者に読んでほしい、志村けんの名言
  8. 繁華街へ行った際、入る飲み屋に迷った時のために

おすすめ記事

ひまわりの家

利用者の人権を尊重し、利用者が心身ともに健やかに育成され又その有する能力に応じ、自立した日常生活がで…

障害福祉サービス事業所 多賀の里

事業所は、利用者個々の意向、趣向、障害の特性その他の事情を踏まえた個別支援計画を作成し、これに基づき…

がじゅまるの木

障害者支援施設赤坂園

利用者主体を基本とし、「安全・安心・信頼」の下、豊かで快適な生活を送って頂けるようサービスを提供する…

共同作業所・HAPPY

①利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、通常の事業所に雇用されることが困難な利…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP