コラム

ショートショート『夕食は鍋』

 

 十一月の後半に差し掛かろうとしている。温暖化で平均気温があがったといっても、さすがにこの時期ともなると肌寒く感じる。寒さ防止のための上着が必需品となる。

 本日の夜御飯は何にしようかな、京子は買い物かごを片手にそのようなことを考えていた。

 ご飯のメニューを考えるのは面倒だ。おいしい料理を手間暇をかけずに、完成させられればいいのに。

 スーパーの店内を歩いていると、京子の二つの瞳に白いうどんが飛び込んできた。彼女は細長い麺を見て、にしようかなと思った。寒い時期にぴったりの一品だ。

 うどん鍋のお供になる鶏肉、豚肉、白菜、えのき、ネギなどをかごに入れる。これらと一緒に煮込むことで、具材のうまみ成分が麺に入っていく。相乗効果によって、単品に火を通した場合よりもおいしく感じられる。

 最後に待っているのは熱々の雑炊。鍋の残り汁で作ることによって、ご飯のよさが際立つ。卵、塩(味の調整)、のり、みじん切りにしたネギを投入し、白米に更なる深みを持たせる。

 京子は買い物を終えると自宅に向かった。レジ袋の中に入っている具材が、いつもよりも輝いて見えた。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 小説:『君と共に生きられたら 上』
  2. イマニュエル・ウォーラーステイン『アフターリベラリズム 近代世界…
  3. 小説:『友達のいない男は、クラスメイトの男性恐怖症克服に協力させ…
  4. プロ棋士を生で見た感想
  5. 『まんがタイムきららフォワード』を読み続けて思うこと
  6. 犬の隠された本音
  7. ショートショート『室内に滴り落ちる水滴』
  8. アイザィア・バーリン『自由論』

おすすめ記事

作業所もえぎ

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、障害者の方に対して就労の機会を…

ロイヤルウォッシュ

障害者相談支援事業所ハンズ太白

障害のある方やその家族が住み慣れた地域で自立し安心して生活を送ることができるように各種相談・計画相談…

ごろりんはうす

LIVE LABO

障害者福祉就労を希望する65歳未満の障害のある方に対して、生産活動や職場体験などの機会の提供を通じた…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP