福祉・医療

厚生年金の加入拡大

 

 従来は厚生年金に加入するために、週30時間以上の勤務が必要だった。30時間未満である場合は未加入となっていた。

 2016年に法律が一部改正され、加入の対象者が増えた。従業員が501人以上、週労働が20時間以上、月額賃金8.8万円以上、1年以上継続して雇われる見込みがある社員のすべての条件を満たすと、厚生年金に加入が義務づけられるようになった。筆者や筆者の母は法律改正によって、会社の厚生年金に加入した経歴を持つ。

 今回の改正案は弁護士、個人会計士らの個人経営事業所で働く人にも、厚生年金の加入を義務づける方向で調整を進めている。いつからになるかはわからないけど、実現される確率は高い。

 501人以上の従業員という枠組みも、将来的に撤廃する方向で調整に入っている。雇用保険、社会保険の適用条件が、同じとなる日はそう遠くないのかもしれない。賃金の高い地域ではA型作業所などの利用者も対象となりうるだろう。

 厚生年金加入がどのように推移するのかを見守っていきたい。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

関連記事

  1. 精神科を変更する場合にやっておきたいこと
  2. 障碍者同士が尊重し合うのは困難を伴う
  3. 障碍者へのアンケートを行っている市もある
  4. 知的障碍の生きにくさ
  5. 障碍者は見えないところでお世話になり、見える形で被害を被る
  6. 高齢者の就職支援を静岡県で行っている
  7. 脳性麻痺があっても前に進み続ける
  8. 目的とは反対に進んでいる【障碍者編】

おすすめ記事

ふじの木村

精神科の選び方

 精神科に行こうと思うなら、診療科の多い大規模総合病院に行った方が良い。その方が色々…

セルプいしき

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動そ…

就労支援事業所ぴゅあ

障害者総合支援法に基づく指定就労継続支援B型の事業(以下「事業」という。)の適正な運営を確保するため…

ウェルビー黒崎駅前センター

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者の意向、適性、障害の特性…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP