福祉・医療

年金制度の将来を案ずる

 

 現在は年金が65歳から支給される。63歳の人はあと2年で年金を手にすることができる。

 30年後、年金は何歳から支給されているのかな。70歳、75歳、運が悪いと80からになっているかもしれない。現役世代の比率の減少によって、段階的に引き上げられていくのは確実だ。

 現役世代はもらえないと諦めているのか、国民年金に加入しない人が増えている。80歳からしかもらえないのであれば、手元に残しておくのが賢明な判断。平均年齢は伸び続けたとしても、90を超えることはおそらくない。80歳からの支給となると、10年程度しかもらえない。

 金額もおおいに削られる。6万円以上の保証が4万円程度まで下がっているだろう。最高で15万程度に抑えられる可能性もある。年金は払った分だけ損をするシステムが構築される。

 政府が厚生年金負担の条件を拡大したのは、国民の将来のためではなく、資金源確保の意味合いが強いのではなかろうか。最終的に全ての企業(A型作業所を含む)に、同じ条件が課されることになるだろう。国民年金が払われないのであれば、厚生年金で取ってしまえばいいという理論を実行している。

 現役世代が減少するにつれ圧迫されていく年金、将来はどうなっているのだろうか。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. B型作業所の待遇は事業所によって異なる
  2. 脳卒中の方のための福祉事業所がある
  3. 適切な支援をする難しさ【障碍者編】
  4. 障碍者の生きる道
  5. 子供の個性が強い(障碍者を含む)親御さんへのメッセージ
  6. ショートショート『二度自信を失う』
  7. 事業所ごとの就職人数の掲載を義務化してほしい
  8. 病院の待ち時間について

おすすめ記事

怖い話『手伝ってくれた人』

水道工事会社でバイトしていたときのこと。その時、わたしは倉庫で用具の整理を頼まれ…

ねくすとべーす

働きアリの法則

 働きアリの法則を以下に示す。(文章はwikiを参考にする) 働きアリのうち…

戸崎通音楽堂就労支援

障害者総合支援法等関係法令の理念に則り、利用者の自立と社会経済活動への参加を促進するために、通所によ…

相談支援センターきらら

個々で関わっているケースから見えてきた課題をエリア会議や豊中市自立支援協議会等に発信していき、社会資…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP