福祉・医療

都道府県で処方してもよい薬の量が異なる

 

 都道府県によって、医師が一回に処方してもよいとされる薬の量が異なっている。

 衝撃的な事実を知ったのは、医師とのやり取りをおこなったとき。全国で統一されていると思っていただけに、驚きを隠せなかった。

 今回の比較対象となっているのは兵庫と大阪。

 兵庫は一回の処方量が制限されているため、薬の種類を増やしにくくなっている。新しい薬を処方したいのであれば、どれかを削らなければならない。(制限量を超えると自費負担になるといわれた記憶あり)

 大阪は割と自由が利くらしく、一度で多くの量の処方をすることが可能となっている(日数も長くできる可能性あり)。スケージュールに余裕がない場合、非常にありがたい制度となっている。

 大阪のある病院で、これほどかといわんばかりに薬を処方していたのを思い出した。(とりあえず出しておけば儲かるから、大量に処方しているのかもしれない)

 都道府県で一回の処方量に差が生じるのは不平等だ。これについては、全国統一で基準を設けるべきではなかろうか。病院を利用する一患者として、そのように思う。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 小説:『知的障碍を発症した女性は、入院先で少女と出会う 上』
  2. 障碍者にとって一般枠、障害者枠のどちらであっても厳しい
  3. 障碍者支援の支援員は選べるようにしてほしい
  4. 障碍者はいじめに遭いやすい
  5. 障碍の「し」の字すらわからないサービス管理責任者の作成する支援計…
  6. 精神安定剤はアルコール、ニコチン中毒と同じで依存しやすい
  7. 障碍の種類によっては、障碍者枠であっても応募できない
  8. 発達障碍に向く仕事、向かない仕事

おすすめ記事

相談支援センター だんらん

オーシャンクラブ

利用者の意向、適性、特性を踏まえて個別支援計画を作成し、サービスを提供する。その効果について定期的に…

ほっとハート

多機能型事業所ありす刈和野

企業等に就職することが困難であって、雇用契約に基づき、継続的に就労することが可能な65歳未満の利用者…

中津市障がい者等基幹相談支援センター

1. 小さな悩みでも気軽に相談できるセンターを目指します。 2. 地域の相談支援の拠点として連携を図…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP