福祉・医療

精神疾患だと免許が更新されない場合がある

 

 免許の更新は精神疾患を患っていた場合、許可されない場合があります。過去にてんかんんなどを持った人が、事故を起こしたことを背景に道路交通法が改正されました。

 免許失効となりうる精神疾患の症状を下記に示します。

・統合失調症

・てんかん

・再発性の失神

・無自覚性の低血糖

・そううつ病(そう、うつのどちらかだけなら問題ない)

・重度の眠気を呈する睡眠障害

・認知症(即免許失効)

・その他自動車の安全な運転に必要な認知・予測・判断又は操作のいずれかに関わる能力を欠くこととなるおそれのある症状を呈する病気

・アルコール・薬物等の中毒

 

 処方されている薬に車の運転を控えるように、と書かれていた場合も報告する必要があるみたいです。

 免許の更新の際に、虚偽の報告を行った場合、1年以内の禁固、30万円以下の罰金となる可能性があります。車で事故を起こした場合の刑罰も重くなります。

 精神疾患を持っていた場合、更新する前に主治医、薬剤師などとよく相談しましょう。自分の知識だけで、免許更新を行おうとすると痛い目を見るかもしれません。

 乗車が危険であると判断した場合、免許を更新しても乗らないことをお勧めします。事故を起こしてから、後悔しても遅いです。 

 

https://www.hcd-japan.com/drive2.html

©病気や障害のある方の自動車免許制度 | (公式) 日本身障運転者支援機構WEB SITE

 

*筆者は近日中に免許更新を行います。どのような結果になったのかは、後々に記したいと思います。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 障碍者が一般会社で働く難しさ4
  2. 発達障碍児が退学させられた学校を提訴
  3. 就労移行で聞いておきたい質問
  4. 新薬には処方制限がある
  5. 障碍者はどのような分野に就職するのか
  6. 発達障碍者に読んでほしいサイト
  7. 違和感のある支援者の発言
  8. 漢字を書けなくとも履歴書を作成できるという話に感動した

おすすめ記事

さなえスパ

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう利用者を雇用し就労の機会を提供するとともに…

ふれあい作業所西大井

指定就労継続支援(B型)の事業は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、障害者…

ノーマライゼーションK

相談支援事業所あんず

地域に暮らす障害のある方やその家族の生活や支援に関する様々な相談に応じると共に、関係機関と連携し、障…

相談支援事業所 tree

新着記事

PAGE TOP