グルメ

卵の天婦羅を食してみた

 

 天婦羅専門店で卵の天婦羅を食べた。

 卵の天婦羅は外が固まっていて、中は半熟でトロトロ。一度食べたら、やみつきになる一品だ。

 家庭で卵の天婦羅を作ることが可能。以下に手順を簡単に示す。

 

 最初に鍋で卵をゆでる

火を通しすぎると、中身が固まってしまう。そうなってしまうと、トロトロの黄身を楽しむことができない。茹で時間を5~6分程度にすると、天婦羅に適した状態になりやすい。

 その後は氷水で冷やす

卵が十分に冷えたのを確認してから、全体に皹を入れる。そうすることで、殻を剥きやすい状態にする。うまくいかない場合は冷凍するとよい。 

 卵の殻を剥いたあとに串で刺す

その後、天婦羅粉をつけて、高温の油で揚げる。中に火を通しすぎると、爆発することもあるため、調理時間に気を配りたいところ。

 

家庭で作るのが面倒な場合は、天婦羅専門店で食べてみてはどうだろうか。値段は200円前後となっている。卵としては高いと思われがちだけど、手間暇を考えるとお金を出す価値はある。一部店舗では生卵を調理しているため、家庭とは違った食感を味わえる。

 一度でいいから、卵の天婦羅を食べてみてはいかがだろうか。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 余った牛乳、パンを持ち帰る
  2. いじめ、パワハラが起きる理由
  3. まるごと蜜柑とフルーツティー
  4. 3000系プレミアムカーは9月25日のダイヤ改正に影響したのか
  5. 珍しい海鮮の紹介と味の説明
  6. お家で楽しめるひな祭り商品3選!
  7. 京阪の快速急行の歴史
  8. 車の免許更新について

おすすめ記事

リワークあっぷる

障害を抱えた方が安心して働ける環境で継続していく事を支援します。関係機関とも協力し、ご本人が自分に合…

障害者支援施設 第一周防学園

障害者支援施設第一周防学園において、実施する指定障害者支援施設サービスの適正な運営を確保するために、…

多機能型事業所 とうふ工房ていずい

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、…

カラフル食堂大博店

障がい者でも関係なく長く、そして健康的に働けるように支援していく。また調理補助での技術獲得と、接客で…

ほのぼのグルーⅥ(ロングフェロウ)

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、常に利用者の立場に立ったサービスの提供に…

新着記事

PAGE TOP