人生

凸凹に生まれてしまった人間が感じた才能と努力

 

 筆者は能力がでこぼこだった。得意なことは得意、苦手なことはとことん苦手だった。

 得意な部分については、一般人はこんなことしかできないのかと思った。人生の全てを遊びに費やし、ナマケモノの地位を獲得したという誤解をしていた。

 苦手な部分については、一般人が遠い存在に感じられた。どんなに努力をしても追いつけない

巨大な壁として立ち塞がる。標準的な世界なのに、どんなに手を伸ばしても届かなかった。

 凸凹の能力を持って生まれたものからすると、才能90~95、努力5~10くらいかなと思う。50の才能を所持している者が、どんなに努力を積み重ねたとしても、70の才能を所持している人間に太刀打ちできない。60であったとしても超えるのは困難を極める。才能とは絶対的な存在であり、覆すことのできない要素なのだと思った。

 感性、運動能力といった部分は才能が98~99パーセントを占めている。絶対音感、絶対味覚などは与えられたものであり、凡人が習得するのは不可能だ。天才は少量であったとしても一万の肉、千円の肉の違いを見分けられるけど、一般人はどちらも同じにしか感じない。わずかな量で、差を見抜くのが天才たる所以だ。

 短距離で黒人意外が勝てないのも同じ原理。遺伝子の時点で劣っているため、どんなにトレーニングを積んだとしても、勝利に結びつけることはできない。勝負をする前から決着がついている。

 才能のある人間には勝てない。悲しいかもしれないけど、これが現実なのである。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 人生は不平等だが光も差し込んでいる
  2. 障碍者に送る タモリさんの名言
  3. 自分の評価を気にする人
  4. 自分と真摯に向き合おう
  5. 助けてもらえる人、見放される人
  6. マシンガントークの傾向がある人
  7. プラス思考も取り入れていこう(ありのままを大事にしながら)
  8. 純粋な心をどこに置いてきてしまったのだろうか

おすすめ記事

サフラン工房

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者に対して、2年間にわたり、生産…

就労サポートセンターあしたのタネまき

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、障害者自立支援法施行規則第6条の9に規定…

多機能型就労継続支援A・B型事業所 春音

利用者同士が仲良く、気持ち良く作業を行い、個々の特性に応じた作業を自ら選択し、継続的、持続的に作業を…

障害福祉サービス事業所天童ひまわり園

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動そ…

ルンアルン1

精神疾患・育ちからくる課題・マイノリティとしての存在・貧困など生きる上で困難を抱えている方々に対して…

新着記事

PAGE TOP