時事問題

コンビニのおでんの方向性が変わる

 

 コンビニにおいて、おでんの販売縮小もしくは中止される可能性が浮上している。

 コンビニのおでんは、顧客にとって手軽に利用できた。卵、牛筋、大根、つみれなど種類が豊富で、食べたい商品だけを自由に購入することができた。値段は自炊よりもかなり高めだけど、手間暇などを考慮すると、充分すぎるほどのお釣りがあった。牛筋などは柔らかくするまでに、かなりの時間を要する。大根も数分ではやわらかくならない。

 店側にとっては豊富な種類を取り揃えることが、負担だったようだ。生鮮食品であるため、販売できる時間は短めだ。

 売り切れとなった場合の対応にも苦慮する。フライドチキン、肉まんのように短時間で補充できるわけではない。おでんのために、長時間待ってくれる顧客は皆無だ。

 売り上げのデータを取っていったとしても、当日にならないと何が売れるのかわからない。人気商品だからといって、注文が入る保証はない。

 おでんが売れ残ってしまった場合、廃棄するしかない。在庫処分は丸々コストとしてのしかかる。

 おでんを販売するにあたって、定期的な掃除も必要となる。こちらも店員にとっては大きな負担となる。

 コンビニでは多くの商品が販売されており、おでんのためだけに力を注いでいられない。採算が見込めないとなれば、真っ先に販売停止にするのが自然な流れだ。

 一年後、二年後には完全に姿を消しているのかもしれない。

 

 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191030-00000005-kyodonews-bus_all

 ©コンビニおでん「曲がり角」 人手不足で中止、縮小(共同通信) – Yahoo!ニュース

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 自殺者数が減少傾向にある
  2. 高等教育無償化は進学の役に立つか?
  3. 女子軟式野球設立の動き
  4. 大相撲の阿炎が引退届を提出
  5. 最近増えてきている「カスハラ」とは?
  6. クレーマーが増えている(JAの早食い競争)
  7. 香川県が依存症対策としてゲーム時間を制限する条例を可決
  8. 藤井聡太7段の棋聖獲得はお預けとなった

おすすめ記事

特定非営利活動法人つがるしあわせ工房

利用者が自立した日常生活または、社会生活を営む事ができるよう、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に…

バクかふぇ

ワークサポートさくら

ワークサポート八晃園

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、生産活動その他の活動の機会の提供を通じて…

サポートセンターあそしえ

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、通常の事業所に雇用されることが困難な利…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP