コラム

ショートショート『大きな世界に飛び込むのを応援する彼女』

 

 達也は物心ついたとき時から、を描くのが大好きだった。

 他人にはなかなかいえないけど、将来は画だけでご飯を食べる人生設計を立てている。無謀とはわかっていても、挑戦してみたかった。

 どうしてそのように思ったのかというと、平凡に生きる道を選択したくなかったから。一流の才能があるのかどうかはわからないけど、未知の領域に足を踏み入れてみたかった。

 勝算のない考え方なので、両親に猛反対を食らうかと思っていた。それだけに二人の言葉には驚かされた。

「そう思うのであれば、とことんやってこい。俺たちはお前を応援している」

 絵のレベルアップのために、数年間の海外留学を薦められる。一流になるためには、一流に触れなくてはならない。三流の世界にどっぷりとつかっていても、何も得ることはない。両親はそういうポリシーを持っている。

 留学にあたって、両親から条件をつけられた。三年以内に三作品以上、世界最高峰の展示会に画を応募すること。チャレンジしなければ何も得られないという考え方をしている。

 達也の海外留学は一週間後に迫っている。目の前にいる女性と顔を合わせるのは、今日で最後となる。 

 雪には海外に留学することを伝えた。寂しそうにするかと思ったけど、そのようなそぶりは見せなかった。絵を描くと決めた男を、純粋に応援しようとしている。

 彼女は変わり者の男性を気に入った唯一の女性。何歳まで生きたとしても、雪よりも想ってくれる女性とは出会えない。

 雪は体内のエネルギーを全部使って、身体を思いっきり抱きしめてきた。達也は瞼を閉じながら、

女性の想いを受け止める。

 雪の首筋からかすかな香水の匂いがする。いつもは心地よく感じるのに、本日に限っては、違った意味で鼻腔を刺激していた。悲しさ、切なさのニュアンスが含まれているように感じられた。

 二人の身体が自然と離れる。さきほどはケロッとしていた、女性の瞳に涙が浮かんでいた。画のことばかり考えていた、男性のことを想ってくれているのが嬉しかった。

「雪のために、とびっきりの絵を描けるようになる」

 雪との結婚を実現させるためにも、きっちりとした収入を得られるようになりたい。精神的に支えて続けた女性に恩返ししたい。

「あなたの成功を心から願っている。成功した暁には・・・・・・」

 雪のためにも、絶対に成功しよう。達也は心の中でそのように誓った。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. ショートショート『心を満たす人』
  2. 炊事がルーティン化した母親の胸中
  3. 小説:『出会いはどこから転がり込むかわからない 中』
  4. 中島義道『ウソつきの構造 法と道徳のあいだ』角川新書
  5. ショートショート『障碍者の闇』
  6. トマス・ペイン『人間の権利』岩波文庫
  7. 怖い話:『蹴りたいドア』
  8. ポーの四条件

おすすめ記事

すけっと工房

1.一般企業等へ就労が困難な人に、働く場を提供するとともに、知識及び能力の向上のために必要な訓練の実…

来果 

利用者が自立した日常生活または、社会生活を営むことが出来るよう、就労の機会を提案するとともに生産活動…

就労サポートセンターラシーネ

就労移行支援事業等を利用して就職した方で6ヶ月経過した方を対象に就職を継続していたくための支援を実施…

ビザライト

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、当該利用者を雇用して就労の機会を提供す…

社会福祉法人東温市社会福祉協議会

事業所は、利用者が居宅において日常生活を営むことができるよう、保健、医療、福祉、就労支援、教育等の関…

新着記事

PAGE TOP