コラム

ショートショート『ある野球女子の栄光と挫折』

『ある野球女子の栄光と挫折 – 男子と同じ土俵で勝負したかった』

 

 纏はソフトボール部に所属している。

 小学校時代は野球部に籍を置いていた。球速も小学生にしてはずば抜けており、110キロ前後を計測していた。監督からは将来のエースなどともてはやされていた。

 自分の腕に絶対的な自信を持っていたため、中学校においても野球部を続けようとするも、夢を叶えることはできなかった。

 纏は野球部の顧問に入部を懇願する。三〇代の男性は渋い顔をしながら、バックネット裏で練習を見るように指示を出した。あなたには無理です、と直接いうのは躊躇われたのだろう。

 バックネット裏から練習の姿をみつめると、顧問の発言の真意を理解した。入部したばかりの部員ならまだしも、三年生ともなると体格が明らかに違った。骨格筋などを直接見なくとも、自分より数段上の世界にいるのを悟った。筋肉の付き方が異なる。

 ピッチャーの投球練習を眺める。補欠と思われる投手ですら、纏より速い球を投げていた。小学生時代に一番手だった女性は、ここにおいては相手にされないレベルなのだと、身をもって思い知らされた。

 圧倒的な身体能力の差が、走力についても現れていた。女性は小学生で頭打ちなのに対し、男子は中学生になってから劇的に伸びる。小学校ではどうにかついていけても、中学生ではまるで歯が立たない。 

 バッティング練習もすさまじかった。カキーンと金属音がすると、打球はあっという間にフェンスを越えていった。纏は小学校時代、フェンス越えを放ったことは一度もなかった。

 纏は最終的にソフトボール部に入部することにした。本意ではないけど、球技にかかわるためにはここしか居場所がない。

 男子に生まれていたら野球を続けられていたのかな、そのようなことを考えながらソフトボールの練習に取り組んでいる。

 どんなに好きだとしても叶わないことがある。心が成熟しきっていない女性は、どんなにもがいても届かない世界があることを知ることとなった。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 伊藤周平『社会保障入門』(ちくま新書):ケアを考えるシリーズ3作…
  2. 物語の一巻目を簡単に解説! 第十回【これは学園ラブコメです。】
  3. プロ棋士を生で見た感想
  4. 中島義道『ウソつきの構造 法と道徳のあいだ』角川新書
  5. 「職場の一日」
  6. ショートショート『室内に滴り落ちる水滴』
  7. 物語の一巻目を簡単に解説! 第四回【Rosen Blood】
  8. 一人の若者が太宰治について思うこと

おすすめ記事

マイランドリーⅠ

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者の意向、適性、障害の特性その他の事…

未来工房 琴似駅前

事業所は利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう 当該利用者を雇用して就労の機会…

宗像学園

就労を希望する利用者様に対して、生産活動・その他の活動の機会を提供し、就労に必要な知識、及び能力の向…

Melk 天神駅前Office

利用者が自立した日常生活又は社会生活が営むことが出来るよう、当該利用者に対し2年間にわたり生産活動及…

あかつき

事業所は、利用者に対して、自立と社会経済活動への参加を促進するために必要な指導及び訓練を適切に行うも…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP