健康

血液検査で血が出ない

 

 血液検査でなかなか血を採取できない。そのような経験をしたことはないだろうか。

 筆者は近年、その傾向が続いている。一度目で採血できれば奇跡、二度目であってもありがたいと思えるくらいにうまくいかない。

四~五回くらい注射針を指しても採血できないときは、気力が完全になくなってしまい、次回に持ち越すこともある。腕には痛さに耐えてきた、傷跡だけが残った。

 看護師曰く、採血できないのは血管が見えにくいから。指でこすっても浮き出てこないため、だいたいこの辺りだろうという感覚で針を刺すことになる。一か八かの方法で血が取れる可能性は低く、何度も針を刺す羽目になる。

 一発で採血を済ませるために、血管の浮いている手の甲に針を刺したこともある。あまりの痛さゆえに、顔が思いっきり歪んでしまったのは忘れられない。注射針の激痛を脳が記憶しているのか、手の甲で血を抜いてほしいとはなかなか言い出せない。

 次回は一度で血が出るように、と願いながら次回の採血に望む。筆者の願いは通じるのだろうか。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 虫歯の原理を知って、虫歯予防につなげましょう
  2. 野菜、果物を食器用洗剤で洗う
  3. 猫からうつる病気は子供の成育などに悪影響を及ぼすこともある 
  4. 日本の野菜、果物には大量の農薬が使用されている
  5. デンタルフロス(細い糸)で歯垢を落とす
  6. 野菜ジュースは糖質(糖分)が非常に多い
  7. 薬の副作用でアカシジアになるとどうなるか
  8. 【お正月太りにも効果あり?】オススメ食事健康法!

おすすめ記事

恵和社会復帰センター

多機能型事業所 ワークステーション湯田・沢内(就労継続支援B型)

1.利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに通所によ…

ドレミ生活介護支援センター

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、通所により…

社会福祉法人敬尚会 江南よしみ地域生活支援センター

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者の心身の状況、その置かれている…

熊取ひまわりの里

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP