コラム

中島義道『ウソつきの構造 法と道徳のあいだ』角川新書

 

中島義道『ウソつきの構造 法と道徳のあいだ』角川新書 
 
 
緩やかなリベラル的施策であったものがグローバルに進展した結果、その反動としてポピュリズムが巻き返しを図ってきているのが世界的潮流です。

たとえば、アメリカ大統領のドナルド・トランプ氏は、アイショレーニズム(国内問題優先主義)を唱え、イギリスにおいては、現首相のボリス・ジョンソン氏が、ブレグジット(EU離脱)に賛成し、自国を優先する施策を展開しています。

 

「宇宙船地球号」に乗車する人たちは、肌の色や民族の違いを超えたグローバルな世界観を共有しており、自由よりも平等を志向する傾向が強く働いています。ですから格差是正は国家の果たすべき役割で、こうした考え方を是認するのが先進国の進歩史観と言えます。この地点が現在の到達点だとの認識です。他者を否定的に評価(攻撃)することがタブー視されるゆえ、臭い物に蓋をするような物言いが好まれ、オブラートに包んだ言い回しが良しとされる様相が支配的になってきていることからも明らかです。

こうしたことを、ホンネとタテマエの力関係で捉えなおしてみると、現在のところは、ウソでもいいから綺麗事が語られる傾向が強く作用していると考えられます。

 

話が脱線してしまいましたが、簡単に中島義道氏の新刊を紹介します。

著者はカントの理性主義を援用して、世の中に蔓延る綺麗事を避けることを模索していきます。つまり、普遍的な事実でもって対抗する術を、本書では描き出そうとしています。この試みが成功しているか否かは、皆さまが是非、本書を手に取って確認してみてください。残暑も過ぎ、いよいよ読書の秋がやってきましたね。

 

『もはや真実の言葉とは、各人の心の底から出た言葉ではない。フロイトやラカンの言うように、その多くは検閲にかかって体内に留まり、口から出てくる「真実の言葉」とは、社会的に容認された言葉である。』本書P52より

 

文章:justice

 

関連記事

  1. ショートショート『働きたくない男の考え方』
  2. 広井良則『持続可能な医療─超高齢化時代の科学・公共性・死生観』(…
  3. ショートショート『無謀なチャレンジ』
  4. 佐藤優, 池上和子『格差社会を生き抜く読書』(ちくま新書):ケア…
  5. 物語の一巻目を簡単に解説! 第二回【GOSICK-ゴシック-】
  6. ショートショート『心を満たす人』
  7. 物語の一巻目を簡単に解説! 第六回【八十亀ちゃんかんさつにっき】…
  8. ショートショート『インフルエンザ菌のイタズラ』

おすすめ記事

地域生活支援センターらいふ

利用者等の意思及び人格を尊重し、常に当該利用者等の立場に立って行うとともに、利用者が自立した日常生活…

『重さ』―重さを半々に出来たらいいなー

幸せの重さ…悲しみの重さ…半々だったらいいの…

PCNET−SAPPORO

ー共に働き・共に生きる− ・ささいな失敗でも互いに許される場所 ・同じ時間、同じ場所を共有することの…

とりはた玄海園就労センター

一般就労した利用者に対し、障害特性を十分に考慮し、就労継続を図るための支援を適切かつ効果的に実施する…

アクティヴきたほり

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者との常時の連絡体制を確保し、当…

新着記事

PAGE TOP