福祉・医療

障碍者支援で思うこと

 

  障碍者支援を行っているのは一般人と呼ばれる人たち。当事者が悩みを相談しても、ちっとも噛み合わない。

 一年目の新人であっても、一五年目のベテランのどちらであっても目で見える差はほとんどない。ベテランは無駄に時間を積み重ねた、としか思えないくらいに分かっていない。(もちろん、より良き支援者として資質の備わった人物もいることは言うまでもないことです)

 苦しみを分かってもらえないたびに、胸の内に芽生えてしまう。どうして一般人に支援を求めているのだろうか。

 一般人にいじめられていると、疑ってしまう傾向はより強くなる。小学校、中学校時代にいじめられ、その延長線上として支援者に人生を狂わされる。生涯、一般人の魔の手から脱出することはできない。

 当事者が支援事業に取り組めば、苦しみの部分については共有可能となる。ただ、別の問題が発生することになる。

 当事者は基本的にキャッチボールにおいてボールを投げているだけで、グローブで受け取ることを行わない。ボールをぶつけあうだけの関係は、最終的に大怪我を招いてしまう。

 障碍者支援はどちらを取ったとしても噛み合わない。真の光が差し込むことはあるのだろうか。

 ありえないとはわかっていても、どっちも取れればと願ってやまない。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 自分のやり方を模索してみよう【障碍者編】
  2. 一般人は見た目ほどいい人生を送っていない
  3. 薬の服薬、サプリメントの摂取はなるべく避けよう(実話含む)
  4. 障碍者(他人)を支援することの難しさ
  5. 聴覚障碍者向けの就労移行支援事業所がある
  6. 障碍者事業における理想と現実
  7. 障碍者の生きる道
  8. 高齢者の就職支援を静岡県で行っている

おすすめ記事

飛翔クラブ

手形ハウス

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動…

ゆい美容ケアリングby太陽技研

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、通常の事業所に雇用されることが困難な者で…

あすなろ倶楽部

『あたりまえに地元、地域で働く!!』なぜそんな簡単なことができないんでしょうか? みんなが活躍できる…

誤魔化しながら継続していく障碍者支援

「最初と比較すると、作業スピードが格段に早くなりましたね。」 就労支援の現場でよ…

新着記事

PAGE TOP