人生

自業自得と因果応報

 

 大人になってから対人関係でつまずく人のほとんどは、幼少期の行いの悪さからきている。

 小学生時代に圧力をかけてきたタイプは、対等な対人関係を構築してきたわけではない。社会の場に出たときに、初めて他人と接することの難しさと直面する。

 人間の脳の思考は簡単に変えることはできない。小学生時代にいじめを行っていたタイプは、大人になってからも非常に高い確率で継続する。

 現代社会では非人間的な振る舞いに対する目線がどんどん厳しくなりつつある。最悪の場合、社会的地位を剥奪されることもある。

 幼いころに他人を傷つけてきた、押さえつけてきた人間に救いの手を差し伸べる必要性はどこにもない。地獄に一直線に落ちていく姿を、鼻で思いっきり笑ってやればいい。不幸になって当然の生き物に手を貸せば、自分の人生を壊されることに繋がりかねない。

 他人を大事にしなかった人間に、もっともっと厳しい天罰を下せるような時代がやってくるといいな。非道な人間の撲滅することで、よりよい社会が構築されていくのを願ってやまない。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 人生は思い通りにいかない
  2. 障碍者として生まれたために失ったもの
  3. 働きアリの法則
  4. 個性の強い障碍者に読んでほしい、志村けんの名言
  5. 金持ち家の子が不良化し、社会的行動することへの批判
  6. 他人の不幸を願うのは人間の自然な心理
  7. 主張の強い者は他人の感情を粗末に扱う
  8. 助けてもらえる人、見放される人

おすすめ記事

マイ・スタイル南森町事業所

きた障害者地域生活支援センター

1 ノーマライゼーションの理念に基づき、障害のある人が、住み慣れた地域において日常生活が継続して営む…

障害福祉サービス事業所ワークジョイふじの実

利用者が生きがいと誇りを持ち、自分らしく地域で安心していきいきと生活ができるよう支援します…

共働サービス たねや

障害の種別を超え、「働きたい」と願う人の気持ちを繋ぐため活動を続けてきました。 これからも、障害のあ…

ちから

雇用契約に気づく、通所により就労の機会を提供するとともに、就労に必要な知識及び能力の向上のために必要…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP