人生

自業自得と因果応報

 

 大人になってから対人関係でつまずく人のほとんどは、幼少期の行いの悪さからきている。

 小学生時代に圧力をかけてきたタイプは、対等な対人関係を構築してきたわけではない。社会の場に出たときに、初めて他人と接することの難しさと直面する。

 人間の脳の思考は簡単に変えることはできない。小学生時代にいじめを行っていたタイプは、大人になってからも非常に高い確率で継続する。

 現代社会では非人間的な振る舞いに対する目線がどんどん厳しくなりつつある。最悪の場合、社会的地位を剥奪されることもある。

 幼いころに他人を傷つけてきた、押さえつけてきた人間に救いの手を差し伸べる必要性はどこにもない。地獄に一直線に落ちていく姿を、鼻で思いっきり笑ってやればいい。不幸になって当然の生き物に手を貸せば、自分の人生を壊されることに繋がりかねない。

 他人を大事にしなかった人間に、もっともっと厳しい天罰を下せるような時代がやってくるといいな。非道な人間の撲滅することで、よりよい社会が構築されていくのを願ってやまない。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 自分の生き方を貫けるのは才能のある障碍者だけ
  2. 知識と経験は誰にも奪われない
  3. A型の男性とよりを戻したいと思う女性へ
  4. 人生は不平等だが光も差し込んでいる
  5. 障碍者に送る タモリさんの名言
  6. シャーデンフロイデと社会性について
  7. プラス思考も取り入れていこう(ありのままを大事にしながら)
  8. 社会で真の成功を収めるために

おすすめ記事

基幹相談支援センターふたば

フォレストアウル大国町作業所

府中オリーブ園

・当該利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供す…

ホットスペース・ダンケ(暖家)

この法人はたとえ障がいがあろうとも就業し賃金を得、社会に貢献できることを示すために障がいを持つ人々の…

サルビアの家JOBカレッジ

「利用者が事業所の都合(作業内容や求める利用者像)に合わせる」のではなく、「事業者が利用者個人の能力…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP