コラム

ショートショート『空から偽札が舞い降りてきたら』

 

 空から突如舞い降りてきた、本物そっくりの偽札をどれだけの人間が店で使用するのか?

 内面の欲望をリサーチするために、実際に確かめてみることになった。

 全国各地で偽一万円札が大量にばらまかれた。通行人は空から舞い降りてきた、本物そっくりの偽札を必死の形相で拾い集めていく。一円の価値もないことを知らずに、タダの紙に夢中になっている光景はまったくもって滑稽だった。

 偽札をバラ撒いてから五分としないうちに、店で使用された。店主は偽物であることを見抜き、すぐさま警察に通報した。数十分後、パトカーが店前に到着し、偽物を使用した客は逮捕された。

 どうしてすぐに見抜けたかというと、透かしが入っていないから。近年のお金は偽造防止のために高度な技術を用いている。

 偽造された偽札の使用は後を絶たなかった。空から本物のお金が降ってくるなんてありえない。

拾った紙を使用しようなんて、くるっているとしかいいようがない。欲望をコントロールできる正常な人間なら、偽物であることをすぐに見抜ける。

 一か月後、逮捕者は十万人を超えていた。社会には偽札にすがる人間が多数存在することを証明した格好になった。

 今度はどんなことをして、人間の欲望を試そうかな。発案者は胸の内でほくそ笑んでいた。

 

文章:陰と陽

 

 

関連記事

  1. オースター『最後の物たちの国で』のご紹介
  2. 葉真中顕『Blue』光文社文庫
  3. 尼崎探索:遊女塚リポート
  4. もっと『自分を大切に』、『前向きに』、『明るく』生きよう
  5. ショートショート『無謀なチャレンジ』
  6. 小説:『友達のいない男は、クラスメイトの男性恐怖症克服に協力させ…
  7. 天使、悪魔ともいえる妖精(冬編)
  8. エッセイ:『ある愚考のひとつのかたち』

おすすめ記事

未来工房 川越

みどり工房

1) 利用者一人一人の個性を活かす。 2) 利用者が、本来持っている力を発揮できるような支援を目指す…

CSWおとめ みゅぜ・ど・ぱすてる

就労支援事業所 きりの木

あさひ福祉作業所

多様な福祉サービスが、利用者の方の意向を尊重して総合的に提供されるよう、地域や関係機関との連携や創意…

新着記事

PAGE TOP