時事問題

生レバ禁止問題について

 

 客に生レバーを提供したとして、大阪府警摂津署が81歳の女性経営者を書類送検した。

 生レバーは法律によって提供することが禁止されている。人間の身体に危険を及ぼしかねない、食材を販売禁止にするのは自然の流れといえる。過去に生レバーを食べたことによって、死者も出ている。

 牛の生レバーが2012年に販売禁止となったあとも、店による提供が後を絶たないのは大きな問題だ。消費者から根強い要望があったとしても、店側として断固として拒否する姿勢を求められる。

大阪府の書類送検についても、客が生レバーを食べたいというところから始まっている。

 店側を罰する法律があるのに、顧客を罰することができないのも問題点。生レバーを注文した時点で同罪とみなすようにすべきだ。店だけが一方的に非をおわせるのはかわいそうだ。

 2012年当時は注意喚起にとどまっていた豚の生レバーについても、2015年6月に販売禁止となった。衛生上の問題からだと思われる。

 外食産業は売上を確保したいという思惑から、販売解禁を求めている。2012年に牛レバーを禁止にした厚労省も検討するも、生レバーの内部を簡単に殺菌する方法が確立されていないという問題が残されている。それゆえ、販売禁止を解除するに至っていない。

 日本人の悲願である、生レバーの合法的提供には安全が確保されることが欠かせない。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190917-00000565-san-soci

 

©生レバー提供容疑で居酒屋摘発 大阪・摂津(産経新聞) – Yahoo!ニュース

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. コロナであっても学費を免除しない姿勢
  2. 最低賃金は11年ぶりに据え置かれる確率が高い
  3. 仕事ができることに感謝したい
  4. 自民党議員が移動自粛中に地元に戻っていた
  5. 節分に恵方巻を食べる理由
  6. 【海外ニュースウォッチ】世界に丸見えのロシア軍【第三回】
  7. 十両は厳しい場所になりそうだ
  8. 退職の決め手は社内の空気

おすすめ記事

フォレストファーム

利用者が自立した社会生活を営むことが出来るよう雇用契約に基き就労が可能である者を雇用して就労の機会を…

カフェドルチェ

発達障碍者の対人関係は長続きしにくい

 発達障碍者の対人関係は長続きしにくい傾向があります。 どうしてそうなるのかを書…

就労移行支援 MINA AMIGO

弘前大清水希望の家

キリスト精神にのっとり、人は神によって創られた存在であり、皆、兄弟姉妹であるという人間観、一人ひとり…

新着記事

PAGE TOP