コラム

短編小説『どっちもどっち』

 

幸子はこれまで旦那のいうことを素直に聞いてきた。

 男という生き物は実に単純な生き物だ。意見に素直に耳を傾けておけさえすればいい。下手に反抗しなければ、万事はうまく進んでいく。

 幸子は表面上は亭主の意見を聞き入れながら、ろくでなしに鉄槌を下す頃合いを見計らってきた。人間という生き物は持ち上げておいて、叩き落せばひとたまりもない。脳は変化自在に操ることができない、不自由な性質を持っている。

 旦那が帰宅した。毎日のように持ち上げただけあって、天狗さながらだった。自宅では俺は神様とでも思っているのもしれない。

「帰ってきたぞ。ビールをよこせ」

 幸子はこうなるのを待ち侘びていた。ここまでもっていけば、こちらの勝利に等しい。

「あなた、キンキンに冷やしてあるわよ」

 旦那は肝臓が悪く、医師からアルコールを止められている。大量に摂取すれば、死に至る危険性もある。

 通常の人間であれば、命と我慢のどちらを選択すればよいのかを理解できる。ただ、天狗になり切っている男にはわからない。

 幸子はアルコール度数の高いビールを大量に振る舞った。旦那はアルコールを大量に摂取したことで、意識不明に陥った。幸子は胸の内でガッツポーズを繰り返す。

 幸子は看護師だ。経験上、救急車を呼んだとしても助かる見込みはほとんどない。

 旦那は朝を迎えるまでに息を引き取っていた。死体を放置すると罪に問われるので、警察に来てもらうことにした。

 死人に口なし、男は昨日の出来事を伝えることはできない。

 警察から事情聴取を受ければ、旦那が制止を振り切って大量のアルコールを飲んだと証言すればいい。救急車を呼ばなかった理由についても、疲れていたから気づかなかったといっておけば問題ない。うまくやれば、夫が100パーセント悪いことにできる。

 幸子にはウハウハの退職金、保険金が待ち受けている。資金を元手に第二の人生を築いていけるといいな。 

 幸子の望んでいた幸せはすぐに崩壊することになる。旦那は保険金を解約し、仕事も数か月前にやめていた。退職金をすでに使い果たし、ギャンブルで莫大な借金を抱えていた。彼女に残ったのは一千万円に迫ろうとする借金だった。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 『北の無人駅から』(北海道新聞社)
  2. 前野隆司著『実践ポジティブ心理学』のまとめ【第一回】
  3. 小説:『借金を完済した直後にあの世に旅立った女性は異世界に転生(…
  4. 短編小説:『雪の日の在りし思い出』
  5. 中井 久夫『治療文化論: 精神医学的再構築の試み』岩波現代文庫
  6. 広井良則『持続可能な医療─超高齢化時代の科学・公共性・死生観』(…
  7. ショートショート『夕食は鍋』
  8. ショートショート『夢の中の衝撃的な出来事』

おすすめ記事

株式会社グリーンサム

障害福祉事業の就労継続支援A型の適正な運営を確保するために必要な人員及び運営管理に関する事項を定め、…

大山福祉サークルひだまりの家 

就労支援事業所ぐろーあっぷ

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者を雇用し就労の機会を提供するととも…

志摩市社会福祉協議会障がい者支援施設あいのその 

利用者が社会の一員として自立し、社会経済活動へ積極的に参加できるよう知識や能力の向上に必要な訓練、そ…

みかんの丘あけぼの

事業所は、地域との結びつきを重視した運営を行い、市町村、保健医療および障害福祉サービスを提供する機関…

新着記事

PAGE TOP