コラム

犬の隠された本音

 

犬1「誰かに飼われているのと、自由になれるのはどっちがいいと思う」

犬2「僕は飼われている方がいいかな。亭主になついておけさえすれば、餌をもらえるから。食べ物に困らないというのは重要な要素だ」

犬1「そういう考え方もある。働かなくても餌をもらえるのは楽だよな」

犬2「君はどう思っているんだい。回答を聞いてみたいな」

犬1「僕は自由の方がいいかな。ペットだからって、まるで奴隷のように扱われるのは気に入らない。犬はストレス解消のための道具じゃない」

犬2「(首を二度ほど縦に振った)君の意見はすごく的を得ていると思う。首輪でつないでいるからって、いい気になっている飼い主が多すぎるよな。言葉を話せないからって、馬鹿にしているんだよきっと」

犬1「うんうん。人間様は犬を下っ端に扱っているんだよ」

犬2「息子のように優しくされることがあるけど、どことなく違うような気がする」

犬1「可愛がられるのはありがたいけど、亡くなった人間の代役にされるのは重すぎる。僕らは犬であって、形見じゃないんだよ」

犬2「それもある。ペットを飼う人の一部には、可愛いからではなく寂しさを埋め合わせようとする亭主もいる」

 

犬1、犬2はそれぞれの思いをぶつけあった。彼らが人間言葉を話せたら、ご主人とどのように向き合うのだろうか。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 松本俊彦『薬物依存症』(ちくま新書):ケアを考えるシリーズ4作目…
  2. 小説:『彼女との約束(1)』
  3. 小説:『友達のいない男は、クラスメイトの男性恐怖症克服に協力させ…
  4. 4人のオタクと美女達が巻き起こす恋愛コメディドラマ『ビックバンセ…
  5. ショートショート『インフルエンザ菌のイタズラ』
  6. 魔法少女という名の時限爆弾
  7. 小説:『自分の道(5)』
  8. ペシミスティックな時もある

おすすめ記事

NPO法人夢ハウス

障害者総合福祉法に基づき、忠実かつ厳正なサービスを行う。理念:自立・共生・融和…

社会福祉法人 長崎市手をつなぐ育成会 障害福祉サービス事業「陽香里工房」

法人理念 障害のある人が地域で安心して暮らせるインクルージョン社会の構築を目指します。 「輝かせよう…

事業所 つばさ 

少人数をきめ細かく支援してゆく。…

相談支援事業所セント・ポプリ

事業所は、利用者が地域において自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、保健、医療、福祉、…

アルバ

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP