コラム

犬の隠された本音

 

犬1「誰かに飼われているのと、自由になれるのはどっちがいいと思う」

犬2「僕は飼われている方がいいかな。亭主になついておけさえすれば、餌をもらえるから。食べ物に困らないというのは重要な要素だ」

犬1「そういう考え方もある。働かなくても餌をもらえるのは楽だよな」

犬2「君はどう思っているんだい。回答を聞いてみたいな」

犬1「僕は自由の方がいいかな。ペットだからって、まるで奴隷のように扱われるのは気に入らない。犬はストレス解消のための道具じゃない」

犬2「(首を二度ほど縦に振った)君の意見はすごく的を得ていると思う。首輪でつないでいるからって、いい気になっている飼い主が多すぎるよな。言葉を話せないからって、馬鹿にしているんだよきっと」

犬1「うんうん。人間様は犬を下っ端に扱っているんだよ」

犬2「息子のように優しくされることがあるけど、どことなく違うような気がする」

犬1「可愛がられるのはありがたいけど、亡くなった人間の代役にされるのは重すぎる。僕らは犬であって、形見じゃないんだよ」

犬2「それもある。ペットを飼う人の一部には、可愛いからではなく寂しさを埋め合わせようとする亭主もいる」

 

犬1、犬2はそれぞれの思いをぶつけあった。彼らが人間言葉を話せたら、ご主人とどのように向き合うのだろうか。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 中島義道『ウソつきの構造 法と道徳のあいだ』角川新書
  2. 物語の一巻目を簡単に解説! 第六回【八十亀ちゃんかんさつにっき】…
  3. 権力者は君主制を好み、庶民は民主主義を求める
  4. ショートショート『雪の日の幸運(幸せはどこに待っているかわからな…
  5. ショートショート『無謀なチャレンジ』
  6. 天使、悪魔ともいえる妖精(冬編)
  7. 「職場の一日」
  8. 二重基準を伴った「負債」が招き寄せるもの

おすすめ記事

ももっ子 おかやま

理事会において決定する…

障害福祉サービス事業 ワークあじさい

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、…

ワークサポートいぶ樹

しまりすBS大通

障がいをお持ちの方に、自立と生活設計の訓練の場及び生活基盤を見出す為の就労の場を提供しています。それ…

北九州市立 戸畑障害者地域活動センター

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP