詩・ポエム

『願い』

 

どんなに願っても 

どんなに望んでも 

過去は消えない。 

 

過去のことを気にするあなたに、 

答えるのは苦しいよ、辛いよ。 

聞いてるあなたの顔を見ることが出来ない。

 

文章:那央

関連記事

  1. 『毎日使った机』―本当に今までありがとうー
  2. 『幼い頃に見ていた…』―子供の頃の純粋な心に戻りたい―
  3. 『雨の音…』
  4. 『勇気の翼』―誰にでも勇気の翼はある―
  5. 『何も起きずに終わってた!』―自分を傷つけておけば何も起こらなか…
  6. 『ふとした瞬間』―何もない瞬間が人を苦しませる―
  7. 『言葉は…』
  8. 『長くは続かない』

おすすめ記事

障害者支援施設 あかつき学園 (地図不明)

施設入所支援又は、生活介護、就労継続B型支援、就労移行支援の対象者に対し、日中活動とあわせ、夜間等に…

スプライフ 小倉センター

『手の中で…』―手の中で雪が溶ける瞬間どこか寂しい―

空から…白いものが…降ってきた。&nbs…

福祉の店あすか

タッチパネルの注文だけで回転寿司を食べた感想

  コロナウイルスの影響を受けて、回転寿司がタッチパネルによる注文に切り替えているよ…

新着記事

PAGE TOP