時事問題

倉庫暮らしを強いられる

 

  40代の人が一畳半の倉庫で生活を強いられている。そんなショッキングなニュースを耳にした。

 海外の出来事ではなく、国内で広がりつつある現実。年収一〇〇万円代ゆえに、きっちりとした住居を確保できず、寝床すらままならない環境での生活を強いられている。

 彼らは就職活動に必死に取り組んだと思う。ただ、氷河期世代ゆえに正社員として採用されなかった。新卒採用の根強い日本では、一度道を踏み外すと戻ってくるのは難しい。

 ごくごく一部の成功したエリートを除いて、人生は時の流れに大きく左右されてしまう。98~99パーセントは自力でどうすることもできず、流されるままに生きる宿命を背負っている。地上に誕生してから、天国に旅立つまで半永久的に我慢を強いられることとなる。

 大きな建物に住居を構える者がいる一方で、その日暮らしすらままならない。貧富の差は一般人を徐々に呑み込みつつあるのかもしれない。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. テニスの全米オープンで途中棄権したジョコビッチ選手を擁護する
  2. 京阪の快速急行に「プレミアムカー」導入
  3. 【海外ニュースウォッチ】web3とブロックチェーン技術の可能性と…
  4. コンビニのおでんの方向性が変わる
  5. プロ野球のノンテンダー契約は戦力外だったのか
  6. 高等教育無償化は進学の役に立つか?
  7. 女性が過激なストーカーを受けた場合、正当防衛で始末する権利を付与…
  8. 野菜が値下がりしている
PAGE TOP