生活

しつこい男は嫌われる

 

「あなたのことが好き」 

「気持ちが伝わってこない」

「好き、好き、大好き」

「もっといって」

 女はしつこいリクエストに、内心で面倒だなと思うようになった。

「好き、好きだよ」

「感情がこもってない」

 女の堪忍袋の緒が切れてしまった。男はそのことに気づかず、とどめを刺してしまった。

「どうしたの」

 女性の怒りはポイント制といわれる。沸点を超えてしまったら、怒りを鎮めるのは難しい。

 女性は好き嫌いが激しく、中間点はあまりないといわれている。嫌いになると顔を合わせるのすら耐えられない。 

「あんたなんて大っ嫌い。嫌い、嫌い、顔も見たくないほど大っ嫌い」

「そんなこといわないで」

 男はしがみつこうとするも、女は手を振り払った。

「ウザイ、キモイ、キタナイ。二度と私にかかわらないようにしてね」

 女は別れを告げると、男の前に二度と姿を現すことはなかった。

 男は愛情を求めすぎたために、最愛の女性を失うこととなってしまった。女はその日のうちに、アドレス、電話番号を変更し、連絡手段を完全に絶った。

 女は一か月後には住所も変更していた。女性の怖さを知るも、後の祭りだった。

 

*女性の怒りはポイント制といわれています。交友関係を築く、恋愛するにあたってくれぐれも蓄積しないように気を付けましょう。一度許されたからといって、同じことを繰り返すと失敗します。

*一度、嫌いになるとよほどのことがない限り、修復しないのでそこも念頭に置いておくといいですね。万が一、怒りが静まって修復可能であるならば、親しくなれるチャンスなので逃さないようにしましょう。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 昔は存在していたもの
  2. チーズケーキの天婦羅を食べてみた
  3. 接客業のマスクについて考える
  4. 男女の不倫あるある
  5. ワールド・キャット・デイ!
  6. 節分に豆をまく、食べる理由(東北、北海道では落花生が主流)
  7. リンゴの一個当たりの価格が、一部の桃を上回る異常事態
  8. 他人との距離を取る人の心理

おすすめ記事

長野県立総合リハビリテーションセンター 

障害があっても安心して社会参加できるよう、センターを利用される皆様のニーズに応えていきます。 ≪基本…

ビレイ松ヶ尾

社会福祉法人慶生会の理念に基づき、就労を目指している障がいのある方に、就労の機会の提供や生産活動その…

かんぱにぃ

蓬莱の家共同作業所

ふれあい作業所 

利用者が自立した社会生活をより豊かにするための体験活動を計画的に導入し、利用者がこれらの活動を通して…

新着記事

PAGE TOP