福祉・医療

障碍者の切なる願い

 

障碍の当事者と比較すると、一般人はあらゆる面で恵まれている。

 学校では障碍者だからという理由で、いじめ、仲間外れに遭遇する確率が高くなる。少年時代に負った傷は、大人になってもいやされない。

 成人すると生きにくさがより顕著になる。障碍を患っていると、職種が絞られてしまう。やりたいことを制限された状況での就職活動を余儀なくされる。

 電話対応、介護、警備、運転手、店員といった臨機応変を必要とする仕事に向かない。運転手をやると事故を起こす確率が高くなる、介護職では入浴介護などで、被介護者の事故死を引き起こしかねない。死と直結するリスクと向き合わなければならない。一般人もその可能性はゼロとはいえないものの、障碍を抱えている当事者は確率がぐっと上がる。

 高齢者になっても苦難は続く。障碍者の大半は現役時代にまともな収入を得ていない。年金を納めていないというものも多いだろう。年金の受取額が一般と比較して少なくなるため、まともに生活できない。

 障碍者は才能を発揮したごくごく一部の人間を除いて、生まれた時から不幸になる宿命を負っている。一般人に生まれて、普通の生活を送ってみたかったな。

 障碍を一秒で治せる薬の開発を願ってやまない。

 

 文章:陰と陽

関連記事

  1. 障碍者支援機関との関係を切るのを最終目標にしよう
  2. 視覚障碍者向けのB型作業所の紹介
  3. 障碍者の叫び
  4. 広く浅くが唱えられる限り、発達障碍は生きにくい
  5. 障碍者施設で長続きする人、すぐにやめてしまう人
  6. 就労移行支援事業所が半年後、一年後の定着率を表示するのは訳がある…
  7. 厚生労働省のデータから見る就労移行支援事業
  8. 発達障碍は大人になってから気づくことが多い
PAGE TOP