レジャー

プロ野球で起こった20年ぶりの珍事

 

  プロ野球において20年ぶりの珍事があった。

 デーゲームの一試合が、ナイター用照明設備のない球場で行われた。試合の進行速度の遅さ、天候不順などの要素が重なり、試合終了を待つことなく、審判が日没コールドを宣言した。

 プロ野球がナイター施設のない球場で行われるのは異例開催したのは、プロ野球を普段見られないような人たちに知ってもらいたいという思いからだろう。興行面ばかりに目が行きがちだけど、ファンを大切にする思いも持っている。年に数回の地方開催がそれにあたる。一部にはチャリティーを兼ねた試合も組まれている。

 日没試合になったものの、プロ野球を生で見られた人の心に深く刻み込まれるだろう。自分の地方においてもプロ野球を観戦できるかもしれない、そのような希望を胸に抱いたファンは多いのではなかろうか。

 支えてくれるファンなくしては、プロ野球は成り立たない。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 2021年3月場所の番付発表
  2. Pリーガー紹介②
  3. 相撲界でコロナウイルスが蔓延
  4. 【サッカー】カタールワールドカップ・グループリーグ抽選会の結果!…
  5. 将棋棋士になるには運も必要
  6. 落ちても這い上がればいい【大相撲編】
  7. 白鵬、鶴竜が休場届を提出
  8. 21世紀枠の甲子園出場校が姿を消した(2021年3月26日)

おすすめ記事

らいふぁす

事業所は利用者が自立した日常生活または社会生活を営む事ができるよう就労の機会を提供づすると共に生産活…

ねむの里

しょうがいを持った方々の自立と社会参加の支援を行うことを目的に活動しています…

きらめきぽけっと

工房T&T

内職作業及び各種行事での社会参加を図り、健康的な日常生活の支援を通して精神障がい者の地域での暮らしを…

うちなだ福祉作業所 

【事業の目的】 第1条 この規程は社会福祉法人うちなだの里が開設するうちなだ福祉作業所が行う障害者の…

新着記事

PAGE TOP