時事問題

消費増税による家計負担

 

  10月から消費税が現行の8パーセントから10パーセントに変更される。食料品の購入、外食店の持ち帰り(テイクアウト)などは8パーセントに据え置かれる。

 

 消費税が8パーセントから10パーセントに上がった場合、100円の商品を購入した場合、2円の増税となる。1000円で20円、10000円だと200円。金額が上がれば上がるほど、増税の影響を受けることになる。数円の積み重ねであったとしても、一ヶ月換算すると結構な額となる。

 

 消費税が10パーセントを身近に感じるのは、電車などの公共機関を利用する会社員。私鉄では増税による新運賃をすでに掲載しており、定期代にて影響を受ける。電車を通勤のために利用している人は、消費税10パーセントになったのをまざまざと実感する。

 

 病院に定期通院している患者も影響を受ける。通院をやめるのは難しいため、負担増は避けられない。

 

 電子機器といった高額な商品を購入する場合、消費税増が家計を直撃する。税抜き30000円のテレビを購入する場合、600円の負担増となる。600円は無視できない金額で、積み重ねると万札があっという間に飛んでいってしまう。

 

 消費税増は家計に少なからず影響を与える。消費税10パーセント時代を、どのように乗り切っていくのか。低所得者であればあるほど頭を悩ませることになりそうだ。これまで以上に商品の購入を控えるといった、対策を求められる。

 

 家計を圧迫する消費税増は、すぐそこまで迫っている。出費を見直すことで、乗り切っていこう。

9月まで購入できるであれば、消費税が上がるまでに揃えておくのも一つの手だ。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 三段目の響龍が死亡
  2. ワクチン接種の同調圧力が増している
  3. マスクをせずに契約を打ち切られた男性が会社を提訴
  4. モラハラ、パワハラで障碍者の雇用形態に変化をもたらす
  5. 退職の決め手は社内の空気
  6. 「ノーベル賞」と「ダイナマイト」の関係
  7. ハンカチ王子はなぜ現役を続けられるのか
  8. 海外の一部ではマスクを着用しないと罰金を取られる

おすすめ記事

東部デイサービス

ワークス 空港西 

しょう×あさま 

利用者が自立した日常生活及び社会生活を営むことができるよう、利用者に対して一定の期間にわたり、生産活…

けやき

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことが出来るよう、利用者の意向、適性、障がいの特性その他の…

ワン・ステップ

新着記事

PAGE TOP