レジャー

クライマックスシリーズの是非を問う

 

 日本のプロ野球ではリーグで3位までに入ると、「クライマックスシリーズ」の出場権を得る。

 日本シリーズへの出場権をかけて争う、クライマックスシリーズは必要なのだろうか。

 リーグ優勝同士が日本一をかけて争う、昔のシステムを望んでいるファンも多いのではなかろうか。2位と10ゲーム以上の差をつけて、短期決戦に負ければ日本シリーズに出場できないのであれば、何のためにペナントを独走したのかわからない。長期戦なら差をつけられても、短期決戦では勢いのあるチームが勝ちやすい。アドバンテージがあったとしても、下剋上は充分に起こり得てしまう。過去には下位のチームがリーグ優勝したチームに4連勝して、日本シリーズに進んだケースもある。

 2位以下のチームが勝率5割を切っていたとしても、日本一の称号を手に入れる可能性があるのは大きな問題点。相撲にたとえるなら、負け越した力士を優勝扱いするようなもの。勝率が5割を切った場合は、自ら辞退できる制度を設けてみてはいかがだろうか。

 ペナント熱を最後まで保つために設けられたクライマックスシリーズ、再考する時期に差し掛かているのかもしれない。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. ベンゼマのハットトリックで大逆転勝利!!
  2. 2020年の日本シリーズはソフトバンクの圧勝で幕を閉じた
  3. 【将棋界】フリークラスでプロ入りするメリット、デメリット
  4. 夜行バスにのるときに気をつけたいこと3選
  5. スマートボールの遊び方
  6. 勝南桜が2021年3月場所で連敗記録を更新する可能性がある
  7. 【春のセンバツ】聖隷クリストファー高校がまさかの落選
  8. 照ノ富士の大関復帰が濃厚

おすすめ記事

就労継続支援事業A型事業所チャレンジドITセンター

1 事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者と雇用契約に基づ…

遠江てんのう

藍作業所

六方学園相談支援事業

利用者の意思及び人格を尊重し、常に当該利用者の立場に立ったサービスの提供に努める。 また自らその提供…

アップドラフト

障害のある方が自立した生活を送るための支援と地域に密着したお仕事を提供することで会社の運営が地域貢献…

新着記事

PAGE TOP