レジャー

【夏の甲子園】大阪勢が夏2連覇!

 

 夏の甲子園決勝が行われ、履正社が星稜に5対3で勝ち、春夏で初の栄光を勝ち取った。

 一回表、履正社に好機が訪れる。先頭が凡退したあと、二番が三塁打を放ち一死三塁のチャンスを作る。ただ、後続が倒れ無得点。星稜は三者凡退で一回の攻撃を終えた。

 試合が動いたのは2回。星稜はヒットで出たランナーを犠打で2塁に進める。2死二塁からフェンス直撃の2塁打を放ち1点を先取した。

 3回、すぐさま履正社が反撃。二死後、連続四球でランナー一二塁。初回に三振に倒れていた、四番井上が初球をバックスクリーンに叩き込み逆転に成功。奥川にとって、夏の甲子園における初の自責点となった。

 その後は互いに好機を作るも、両投手が踏ん張り、あと一本が出ない展開が続いた。

 膠着状態の試合に動きがあったのは7回裏。星稜は四球で出塁したランナーを二塁まで進め、奥川をリード面で支えてきた、女房役の山瀬が二塁打を放ち1点を返す。二死後にもタイムリーが飛び出し、試合は振り出し。その後、二死満塁まで責めるも後続が打ち取られ、勝ち越しはならなかった。

 同点に追いつかれた履正社は先頭打者が二塁打で出塁。犠打で三塁に進め、履正社の投手陣をリードしてきた、捕手の野口がタイムリーを放ち一点を勝ち越し。ランナーを犠打で二塁に進め、次の打者にもタイムリーが飛び出した。8回に2点をリードする展開となった。

 先発の清水を七回裏にリリーフした岩崎が八、九回をきっちりとしめ、初の悲願を達成した。

引用元;エキサイトニュースより

この試合では履正社が春の大会で17三振を喫していた、奥川にリベンジを果たすことに成功。最速158キロを誇る星稜のエースは最後の最後で力尽きた。本人は決して口にしないだろうけど、延長14回を一人で投げぬいた疲労等の影響で、本調子からは程遠かったのかもしれない。プロであっても中5日ほど開けるのに、身体が成熟しきっていない高校生に中1日で投げるのは酷といえる。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

 

関連記事

  1. Pリーガー紹介②
  2. 巨人の沢村がトレード
  3. 2021年4月6日の「阪神ー巨人戦」で、珍しいタイミングでコール…
  4. 夜行バスにのるときに気をつけたいこと3選
  5. 第93回選抜大会の抽選会が行われた
  6. 大関の朝の山は、一場所で二度目の不戦勝
  7. 高校野球の球数制限
  8. 白鵬、鶴竜が休場届を提出

おすすめ記事

活き活き工房夢ファーム

一般就労が困難な障がい者の方に生産活動や販売活動などに携わる機会を提供  し、就労に必要な知識及び能…

アクション下野

木花通所センター ひまわりの里

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、…

多機能型事業所 ワークショップいまかね

事業所が行う指定就労継続支援B型の事業は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営む事が出来るよう、…

障がい者支援センターeすぺーす

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動…

新着記事

PAGE TOP