詩・ポエム

『言葉の刃』

 

あなたの何気ない一言…。

 

それは時に凶器になることを理解して発していますか?

 

あなたに悪気はなくても相手を傷付ける凶器になることを…。

 

だから僕は言葉は慎重に選ぶ。

 

ダイレクトに言わないと伝わらないことは時にはあるけれど…。

 

回りくどくて意味が通じなくても…

 

傷付けてしまうくらいなら時間がかかっても良いと僕は想う。

 

最近は軽々しく人を傷付ける言葉を発する人が居るから…

 

酷く辛いときがあるけれど…

 

きっとその人はなんとも思っていないんだろうね…。

 

あなたは言葉の刃を振りかざしていませんか?

 

気を付けないと言霊で帰ってきてしまうよ?

 

文章:八雲月夜

関連記事

  1. 『あの幸せの時代』―こんな世界壊れちゃえばいいのに―
  2. 『不安になる事もある』―不安は、あなただけじゃないー
  3. 『報われる瞬間…』―耐えてきてよかったと心が安心する瞬間―
  4. 詩:『日々革新』
  5. 『子供のままがいい』―大人になると子供に戻りたくなるー
  6. 詩:『うしなわれてしまったもの』
  7. 『職の不安』―ちゃんと職が得られるだろうか?-
  8. 『ココロの穴』
PAGE TOP