詩・ポエム

『言葉の刃』

 

あなたの何気ない一言…。

 

それは時に凶器になることを理解して発していますか?

 

あなたに悪気はなくても相手を傷付ける凶器になることを…。

 

だから僕は言葉は慎重に選ぶ。

 

ダイレクトに言わないと伝わらないことは時にはあるけれど…。

 

回りくどくて意味が通じなくても…

 

傷付けてしまうくらいなら時間がかかっても良いと僕は想う。

 

最近は軽々しく人を傷付ける言葉を発する人が居るから…

 

酷く辛いときがあるけれど…

 

きっとその人はなんとも思っていないんだろうね…。

 

あなたは言葉の刃を振りかざしていませんか?

 

気を付けないと言霊で帰ってきてしまうよ?

 

文章:八雲月夜

関連記事

  1. 詩:『待つ』
  2. 『重さ』―重さを半々に出来たらいいなー
  3. 『不安になればなるほど』
  4. 『人生は、変えられる』
  5. 詩:『高台にある美術館』
  6. 『音』
  7. 「春」―新たな春に新しい事を始めてみよう!ー
  8. 散文詩:『タンポポの唄』

おすすめ記事

むさしの日高作業所

私たちは、障がいがある利用者の一人ひとりが目指す未来と夢が叶えられるように、誠意を持って支援します。…

ほっと茶町

〜“はたらく”に寄り添う 〜  利用者の方の一人ひとりのパーソナリティを大切にしながら、いろいろな作…

相談支援センターるーと

でらいとわーく

障がい者就労支援きのぼり

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができる様、就労の機会を提供するとともに、生産活動その…

新着記事

PAGE TOP