雑学

第3回☆世界の国と国旗(アゼルバイジャン編)

 

皆様こんにちは!

桐谷 凛花(きりたに りんか)です。

 

世界の国と国旗、第3回の今回は南西アジア、カスピ海の西岸に位置し、

北はロシア、南はイランに挟まれているアゼルバイジャン共和国という国を

ご紹介したいと思います。相変わらず文章をまとめるのは下手くそですが

良かったら読んで頂ければ嬉しいです(笑)

 

アゼルバイジャン共和国の概要

 

・日本語名

アゼルバイジャン共和国

 

・英語名

Republic of Azerbaijan

 

・言語

アゼルバイジャン語(公用語)、ロシア語、アルメニア語

 

・面積

86,600平方キロメートル(世界113位で日本の約4分の1)

 

・人口

9,872,765人(世界83位)

 

・首都

バクー

 

・時差

-5時間でアゼルバイジャンの方が遅れています。

 

・政府

大統領:イルハム・アリエフ

首相:ノブルス・マンマドフ

 

・通貨

マナト

 

・平均寿命

72.80歳

 

アゼルバイジャン共和国の国旗

 

国旗の意味は水色がアゼルバイジャン民族がテュルク人であることを、

赤色は現代社会の創造と民主主義の促進を、緑色はイスラム教を表している。

 

水色はテュルク人、赤は進歩、緑はイスラム教を表し、中央にイスラムの象徴である

三日月と八つのテュルク系民族の象徴として八芒(はちぼう)星(せい)を配している。

 

文章:桐谷 凛花(きりたに りんか)

 

関連記事

関連記事

  1. 世界の国と国旗☆第11回目 アンゴラ共和国
  2. 降水確率0パーセントで雨が降ることもあれば、降水確率100パーセ…
  3. 第1回☆世界の国と国旗(アイスランド編)
  4. 世界の歴史上人物 第2回目 ― ダイアナ妃
  5. 冬至にカボチャを食べる理由
  6. 1日に飲むコーヒーの量は?
  7. お風呂に柚子を入れる理由(冬至)
  8. 『ハイボール』が人気の理由、飲み屋の都合から説明

おすすめ記事

とうふく花園

ミルト

利用者に対して、その自立と社会経済活動への参加を促進する観点から必要な支援を適切に行う。利用者の意思…

障碍者に送る タモリさんの名言

  前回は志村けんさんの名言について書かせていただきました。…

こじゃんと はたら来家 さかわ

1.本事業所が実施する事業は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営む事ができるよう、利用者に対し…

ひだまり

利用者の意思及び人格を尊重して、常に当該利用者の立場に立った適切な指定就労継続支援の提供を確保するこ…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP