サスペンス・ホラー

怖い話『ちょっと通りますよ』

 

アパートでひとり暮らしの友人の話です。

夏の暑い夜に窓を少し開けて寝ていました。

 

窓の外から何やらボソボソと話し声が聞こえてきました。

 

「ここ、いい感じじゃない?ここにしましょう」

 

友人は寝ボケていると思ってそのまま寝入ろうとしました。

するとまた、

 

「ちょっと通りますよ」

 

と、声がして頭の上を何かがスタスタと通り過ぎる気配がしました。

それでも友人は「ああ、やっぱり俺は寝ボケているのだな・・・」と思って寝入ろうとしました。

ですが、どうも気になって眠れません。

思い切って起き上がり、部屋の中をあちこち調べてみました。

 

すると、お風呂の脱衣かごの中に、

 

猫がいました。

 

友人はその猫に

「おまえ、しゃべれるのか?ここはペット禁止だ。少しの間ならいいが、すぐに出て行ってくれ」と言い残してその夜は寝ました。

しばらく猫にエサを与えていたが、何日かしたらいなくなったそうです。

 

友人は最後にポツリと言いました「その猫、やっぱり全然しゃべらんのよ。あの声は誰やったんやろか?」

 

文章:百百太郎

 

関連記事

関連記事

  1. 怖い話『茂みの中から』
  2. 怖い話『死んだのですか?』
  3. 怖い話『怖いおっちゃんおる!』
  4. 怖い話『眠る男』
  5. 怖い話『今からこない?』
  6. 怖い話『ドアが開けられないの』
  7. 怖い話『もうちょっとだったのに』
  8. 怖い話『お前がいないと』

おすすめ記事

苦手だ、ニャー

『猫きらいな人.』漫画:PAPRIKA&…

障害者相談事業所いぼりの里 

1利用者がその有する能力及び適正に応じ、自立した日常生活または社会生活を営む事が出来るように配慮して…

グロウアップ

ワークスタジオきぼう

事業所は、利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、該当利用者に就労の機会を提供…

北九州市立洞海工芸舎

新着記事

  1. 病苦
PAGE TOP