詩・ポエム

『ねぇ…』

 

君はどうして僕の元を去ったの?

 

もっと、話がしたかった……

 

解ってほしかった。

 

でも君は逃げた。

 

責めるつもりはないよ……

 

だって僕も悪かったから……

 

でもこんな終わり方は嫌だったよ。

 

いつまでも背負わなきゃいけない十字架を残していくなんて、

 

君はずるいよ。

 

でもそれだけ苦しんだんだよね?

 

辛かったんだよね?

 

君も解ってほしかったんだよね?

 

だから、僕は逃げないよ。

 

これからも君のこと忘れない……

 

忘れてしまったら君は本当に居なくなってしまうからね。

 

それだけはしないよ。

 

でも、僕のことも忘れないでね?

 

文章:八雲月夜

関連記事

  1. 【べっちょない】
  2. 『理由がわかるまで…』―わからないならわかるまで追い続けよう―
  3. 『捨てることが出来たら…』-苦しい人生を歩んでいるー
  4. 『青春とは』―人それぞれ青春の感じ方は違うー
  5. 【私の当たり前】
  6. 詩:『名もない日々』
  7. 『今度こそ…』―最高な人生を送りたい―
  8. 「桜の花びら」―春が来ると時が早く感じるー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

木更津市指定相談支援事業所ひつじぐも

児童発達支援センター・のぞみ牧場学園に併設されている相談支援事業所です。主に木更津市、袖ヶ浦市、君津…

ビルド神保町

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、就労に向けた支援として省令第六条の十の…

多機能型事業所くじら

株式会社こころね、多機能型事業所くじらの生活訓練事業と就労継続支援B型は、庄内地域に暮らす人の精神疾…

リカバリー

事業所は利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者を雇用し就労の機会を提供す…

大阪市更生療育センター

新着記事

PAGE TOP