詩・ポエム

『ねぇ…』

 

君はどうして僕の元を去ったの?

 

もっと、話がしたかった……

 

解ってほしかった。

 

でも君は逃げた。

 

責めるつもりはないよ……

 

だって僕も悪かったから……

 

でもこんな終わり方は嫌だったよ。

 

いつまでも背負わなきゃいけない十字架を残していくなんて、

 

君はずるいよ。

 

でもそれだけ苦しんだんだよね?

 

辛かったんだよね?

 

君も解ってほしかったんだよね?

 

だから、僕は逃げないよ。

 

これからも君のこと忘れない……

 

忘れてしまったら君は本当に居なくなってしまうからね。

 

それだけはしないよ。

 

でも、僕のことも忘れないでね?

 

文章:八雲月夜

関連記事

  1. 『ほんの一瞬』
  2. 『毎日使った机』―本当に今までありがとうー
  3. 『傷が深かった』
  4. 『どんなに努力しても…』―努力しても報われないこともある―
  5. 『程よい…』
  6. 『こんな人生嫌』―生きてれば、嫌になる事もあるー
  7. 『病気を抱える』
  8. 『七色』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

和工房 

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことが出来るよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動そ…

鶴岡市障害者相談支援センター

関係法令を順守し、他の社会資源との連携を図った適正かつ、きめの細かな相談支援サービスを提供します。…

ながさきワークビレッジ

障害者支援センター あじ菜工房 

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことが出来るよう、通常の事業所に雇用されることが困難な利用…

むさしの日高作業所

私たちは、障がいがある利用者の一人ひとりが目指す未来と夢が叶えられるように、誠意を持って支援します。…

新着記事

PAGE TOP