時事問題

高齢者は今すぐ、免許返納しろ!!車を運転するな!!

 

2019年4月19日 東京・東池袋にて87歳が運転する車によって8人が重軽傷、そして2人の親子の命が奪われた。

車の運転手であった87歳男性は“上級民”である為、逮捕される事は無かった。

ドライブレコーダーに残された音声から、87歳男性が“確信犯”である事は間違いない。

そして、10人もの人を轢いていて、罪に問われない事実が筆者は許せない。

高齢者だったら何をしても良いのか!? お偉いさんだったら何をしても良いのか!?

それこそが、一番の“差別”ではないだろうか!?

殺人を犯した人間が、何も反省せずにのうのうと生きているなんて、正直吐き気がする。

2019年4月21日に 兵庫県・神戸市で起きたバスの事故では運転手の64歳男性が逮捕された。法の下においては、何人とも雖も平等な裁きをすべきではないのか?

このニュースを受け、87歳男性に対して更に吐き気を催す。

こんな結果で、国民が納得する訳ないだろう。そんな当たり前の事も分からないのだろうか。

「生涯現役」の風潮が拡がってきているといっても、リスクヘッジを怠るべきではない。後期高齢者の年齢に近づいたら、免許返納する法律を設けた方が良い。あるいは、免許更新する際の基準を厳格化した方が良い。

自転車・車など、今一度、自分達が“殺人兵器”を運転していると言う事を考えて欲しいものだ。

歩行者は常に恐怖しているぞ。周りの事を考えろ!!

 

文章:クレイジー大野

関連記事

  1. テレワークのメリット、デメリット
  2. 京アニ放火犯人の事情聴取始まる
  3. 藤井聡太7段の棋聖獲得はお預けとなった
  4. 大相撲の阿炎が引退届を提出
  5. you tuberが666万円分のロト6を購入した
  6. 消費税10%の時代がやってきた
  7. 京アニ放火事件の背景
  8. コロナウイルスが急激に広がりを見せている2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

就労支援センター未来ファーム

内職クラブ

就労に関して一般就労に向けた訓練が基本であり基本的な行動・基本的な生産・基本的な賃金の考え方を指導し…

医療法人藤樹会 ぎんいろ

風舎

ワークプラザここから 

 就労や生産活動の機会を提供し、一般就労に必要な知識、能力を向上させるとともに、一般就労等への移行に…

新着記事

PAGE TOP