詩・ポエム

『君は僕』

 

君はダレ?

 

僕は君だよ……。

 

僕はダレ?

 

君は僕だよ。

 

なんでココにいるの?

 

君が存在する限りいるよ。

 

いつも傍で見守っている……。

 

それが僕の役目だから。

 

やめてよ……。

 

僕は僕なんだから……。

 

誰の力を借りずに生きるんだから。

 

無理だよ……。

 

君は僕が居ないと生きていけないよ?

 

いい加減気付きなよ。

 

他の誰でもない僕自身の存在に……。

 

君の痛みを全て見てきている僕に……。

 

文章:八雲月夜

関連記事

  1. 『あの幸せの時代』―こんな世界壊れちゃえばいいのに―
  2. 『大人って…』
  3. 『ごめんねよりありがとう』
  4. 『今度こそ…』―最高な人生を送りたい―
  5. 『毎日朝が明けるのが…』
  6. 『暗黙のルール』
  7. 詩:『風呂嫌いが銭湯へ行く』
  8. 『イヤホン』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

障がい者就労支援センター サンビジネス

事業所は、障害者に対し就労又は生産活動の機会の提供その他の便宜を適切かつ効果的に行うものとする。 利…

道具による新記録は好ましくない

 日本人が初めて9秒台を記録したことによる影響なのか、2020年のオリンピックでは好…

HANA

北嶺学園

障害者総合支援法の理念に沿った「自立と社会参加」の実現に向け、利用者ひとりひとりのニーズに合った個別…

相談支援事業所 はーとポケット

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営めるように当該利用者との連絡体制を確保し、障害の特性に起因し…

新着記事

PAGE TOP