コラム

一人の若者が太宰治について思うこと

 

最初の印象

幼いころに刷り込まれた太宰治という作家の印象はネガティブなどのマイナスのイメージでした。そのまま中学生になった筆者は読書をするようになりましたが、太宰治に対して悪いイメージしかなく世間で評価されているのを知っている反面、内心「読むものか」と感じていたのを強く覚えています。

 

印象の変化

それからながい時が立ち、筆者は太宰治の最高傑作ともいわれている人間失格を読んでみようと決心しました。幼いころは太宰治という作家にマイナスのイメージしかなかったのですが、時がたつにつれ、テレビや書籍など情報を取り入れていくうちにどこか惹かれていくのを感じたのです。

 

実際に感じたこと

読んでみて筆者はいくつも心を動かされました。まず太宰治の感じ方や考え方などが、現代を生きる人間にも通用するものだった点にあります。それにこの作家の文章がまったく読みづらさを感じさせるものがなかったのも意外でした。

また同作者の津軽などを読んで思ったことは太宰治という人間はユーモアに富んでおり、それを作品で惜しみなく発揮している点です。ネガティブだけの人間だと思っていた筆者には驚きの発見でした。

この太宰治の生きた時代に作者の作品を読むことができた人はどれだけ幸せだったろうとうらやむほどです。

 

知ってほしいこと

おそらく同じ現代の若者は太宰治と聞いてネガティブとだけで切り捨ててしまう人がいるかもしれません。しかしそれはあまりにもったいないこの作家のユーモアを提供するサービス精神や苦悩に苛まれる姿など世界の見方が変わるといっても過言ではないと筆者は思います。

 

文章:マフユノダリア

関連記事

  1. ショートショート『ある野球女子の栄光と挫折』
  2. アイザィア・バーリン『自由論』
  3. 短編小説『どうしようもない男に鉄槌を下す時がやってきた』
  4. 小説:『彼女との約束(4)』
  5. 小説:『出会いはどこから転がり込むかわからない 上』
  6. 小説:『自分の道(6)』
  7. ショートショート『幸せな家庭が続くといいな(女神の祝福)』
  8. 榊原哲也『医療ケアを問いなおす-患者をトータルに見ることの現象学…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

就労継続支援事業所 エコ・ファクトリー

当事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営む事が出来るよう、通常の事業所に雇用される事が困…

ゆうあい三つ葉

この事業所が実施する事業は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対し…

アイエスエフネットライフ松島

就職を希望する障がい者であって、企業に雇用される事が可能と見込まれる対象者に対し、生産活動、職場体験…

障がい者支援センターふれあい

(1)利用者等が地域において自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、保健、医療、福祉、就…

ハローENJOY札幌Ⅱ

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるように、障害者総合支援法施行規則第22条1号に…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP