詩・ポエム

『人生』

 

生きて行く限り後悔はつきものです。 

「あの時あーしとけばよかった」 

「こうしとけばよかった」 

そう思うことは普通なこと。 

ですが、「今」こうなっているのは、あの時の決断。

 

もし違う道を選んでいたなら、 

また違う結果になっていたかも知れない。 

それが良い方に向いているのか、 

悪い方に向いているのかわからないからこそ、 

「人生」なんだと思う・・・

 

文章:那央

関連記事

  1. 『最低の人間…』―最低の人間が近くにいてごめんなさい―
  2. 『秘密の暗号』
  3. 詩:『古書店の主人』
  4. 『晴れた…』
  5. 『共有』―何でも共有ができる環境だったらいいなー
  6. 詩:『言うは易く行うは難し』
  7. 『毎日朝が明けるのが…』
  8. 『人間関係があるから…』―人生こんなにも恐怖なのか―

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

上町工房

働くことを通して喜びを感じ、充実した生活を送れるよう支援します…

カナプラワーク

利用者の心身状況に合わせた利用ができ、訓練を重ね常態的な利用ができるよう支援していく…

ワークサポートふれあい

ワークサポートふれあいでは、三障がい、難治性疾患の方を対象にした通所による生活訓練、作業訓練を行い、…

小説:『出会いはどこから転がり込むかわからない 下』

前回まで・小説:『出会いはどこから転がり込むかわからない 上』・小説:『出会…

LITALICOワークス四条大宮 

人は働くことを通じて、誰かに必要とされることで心が元気になり、もっと良い人生を送りたいという意欲が生…

新着記事

PAGE TOP