詩・ポエム

『ありがとう』

 

あたしは、障害者としてこの世に生まれた。

 

幼い頃は何も感じなかった…

 

けど…

 

物心がつき始めてから、周囲と関わるのが難しく感じていた…

 

『なんで障害に産んだの』と訴えたこともある…

 

その度に心が痛くなった。

 

まだ子供だった。

 

障害者として産まれたからこそ沢山の人達に出会えた。

 

だから『お母さん、お父さんありがとう』

 

文章:Dos diosas

関連記事

  1. 『言えば…何か変わっていた?』
  2. 『秘密の暗号』
  3. 『ひとこと』―ちょっとした一言に救われる―
  4. 『負けるのだけは…』―腹が立つ時に読みたいー
  5. 『友達?親友?』
  6. 詩:『自分を磨きたい』
  7. 『最高と思える人生へ』―自分が生きて行く人生を最高にしよう―
  8. 『そばに居る人』ー幸せの時ほどそばに居る人の大切さー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

フォレストアウル

選抜の甲子園出場校予想2

高校野球秋季大会も東京を除いて、優勝校が決定しました。これまでの結果を元に出場校を予想したいと思…

メイプル

仕事をすることで他者との関わりを持てるように支援していく。 苦手を克服し、自信をつけて仕事が継続でき…

麦の会共同作業所

利用者の意思及び人格を尊重して、常に利用者の立場に立った、サービスの提供を確保する。 利用者の生きが…

綾瀬共同作業所

NPO法人は収益事業との意識をはっきりさせ就労支援継続B型として高いサービスとは何かを問いつつ、工賃…

新着記事

PAGE TOP